久住 冬のテント泊 2019.02.10-11




2019.02.10(sun)-11(mon)
大分県竹田市、玖珠郡


〜久住 冬のテント泊〜

久しぶりにテント泊でも・・・
と思い久住へ突撃

天気予報では両日曇りやら晴れやら
ミックスな予報だったけれども
いかがかな?






なかなかの青空ですな
風も穏やかで朝8時にしては温かい






テクテク行きましょ
スタート!






歩くには良い日だ

ちょっぴりの霧氷





ぼけ〜っと歩いていたら
あっという間に坊ガツルが見えてきた
まだあまりテントが見えない







10時半
法華院温泉山荘に到着


末端冷え性のワタシの冬の対策の1つ
「寒い時期は山荘のテン場に泊れ」
である

お風呂に入ったら
サッ!!
とシュラフに入るためだ!






受付でテン場代300円をお支払い
それから
お風呂代500円も・・・

なのだが、2月9日と10日は
山荘の行事”苦渋登山の日”で
お風呂代半額の250円!
そこは完全に頭になかったけど・・・


ありがたやー






お腹減ったな〜
食べなくては。






小さな別荘を設営

談話室でラーメンを食す
昼寝しようかな〜

今回はとにかくのんびりしよう!
と思って来たのだけど
これだけ気持ちいい天気だと…

行っちゃうよねー!


12時半すぎ
大船山へレッツゴー!!







またまたテクテク

登山道には溶けて落ちた霧氷が一杯
雪も降ってはいるようだけど
霧氷達が次から次へと降ってくる


段原が近づくと
大船山が見えてきた
美しい姿だ〜







13時40分
段原に到着


カルピスを飲んで一息

さー
あとちょびっと。







大船山は久しぶりに来たのだけど
いつの間にやら
避難小屋がキレイに無くなっていた!






山頂が近づく

霧氷のオンパレード

綺麗だな〜






山頂まではツルツルに凍った箇所もあり
すっ転ばないよう気をつけて歩く
アイゼン持ってきてたんだから
つけても良かったのだけどね。



14時10分

大船山 山頂
標高 1786.2m






下でのんびり昼寝しなくて良かった〜

上がってきて良かった〜






御池も凍っております


若干、
池の方から賑やかな声が聞こえております






久住の皆様方

こーんにーちわー!






平治岳方面の皆様

こーんにーちわー!


と、眺めて下山開始。

お昼食べたばかりだし
下山してもなかなかお腹減らないでしょ
と思っていたけれど

坊ガツルが近づいてきたら
お腹減ってきた・・・






今日はほかほかご飯と
お肉なんだな〜


実は、
大船山へ出発する前に
ご飯をお水に漬けてきた

下山したらすぐに炊くのだ!って。






まだ17時前だと言うのに
談話室はほぼ満席


隅っこで夕食開始


ご飯が炊ける良い香り
エスビットの火を見ていると
眠くなってくる


ウトウトしていたら
炊けたので
ひっくり返して布を巻いて蒸す

そして!
蒸し上がりと同時に
お肉ぅー

塩でいただきます!!






ご飯の半分は翌朝の朝ごはんに取っておく

半分をお肉と共にモリモリ食べる
焼きブロッコリーもモリモリ食べる

お肉を食べ終わったら
スープとトマトも食す


結構食べたな〜







ダラダラとカップ以外を片付ける

たまに手を止めてボーっとする

また片付ける

ボーっとする

で、
お湯が沸く


食後のオヤツとコーヒー






ほぼ満席だった談話室
更に人が増えてきたので
完全撤収し
お風呂へ






どなたもいなかったのでパチリ

温かい

ふぅ〜


オツである






まだ20時前
皆さんワイワイやっているけれども
ワタシはポカポカの状態でシュラフへ

ウトウトしたり・・・
ウトウトしたり・・・
ウトウトしたり・・・


もう、寝よ。



21時半過ぎ
食事を終えた方達の足音と声で目覚める


1時過ぎ
雪がフライシートに当たる音で目覚める
ついでに
時折、強い風も吹いているようだ



6時前
おはようございまーす

テントのファスナーを開けると
日の出前のモノトーンの世界

とりあえず朝ご飯を食べに談話室へ
ストーブのお陰でほこほこだ

支度しながら外をパチリ







小雨がそのまま雪になったような
粉雪が降っている




前夜の残りご飯と
シメジ、少量パウチ入りささみを
ほんだし、塩、ちょっぴり醤油で味付け・・・


朝ご飯は
雑炊とお味噌汁!






食べて片付けて
食後のカフェラテ






雪はもう少し降るみたい・・・
ワタシはもう少しのんびりするみたい・・・


あ、
帰るんだった。



テン場に戻る
明るくなって見てみたら・・・

寒そうなテント

ほとんど風がなくて良かったわぁ






撤収完了

忘れ物無し







ありがとうございました!







なかなか真っ白だね〜



8時半
下山開始







長者原へ戻りましょー






粉雪みたいだった雪が
少し大きな粒になって
しんしんと降り出した






雨ヶ池が・・・

雪ヶ池になっている







思いがけず雪道歩きになって嬉しい

ラッキーだぜ〜




長者原が近づいてきた







10時半

下山完了!



寒くても食べたくなる不思議

美味である!






ゆっくり歩けて良かった

怪我せず歩けて良かった



今シーズン、
あと何回雪道歩きができるかな〜



次はどの山にしましょうかね




久住 冬のテント泊 2019.02.10-11” に対して1件のコメントがあります。

  1. cb1300 より:

    初めまして。最近登山を始めた初心者です。まだキャリア一ヶ月半で鍛えるつもりで低山ですが14回ほど登りました。
    そこそこ自信がついてきたのでネットでいい山がないかな~と物色していたらハチさんのページに行きつきました。
    よくハチさんが久住の魅力について書かれていたので連休初日に車中泊のつもりで長者原に向かいました。
    そこで見つけたモンベルストアで羽織るジャケットを購入して店員さんと話をしていたら法華院温泉山荘を勧められて9㈯に宿泊して翌朝中岳を目指しました。大部屋でしたが室内でもすごく寒かったです。
    遭難用に備えて寝袋だけを持参して良かったです。
    その時こんな時にキャンプ!をする強者がいるな~と山小屋から見ていましたがハチさんしていたんですね(笑)
    日曜はよく晴れていて中岳からの景色は絶景でした。今回に備えて購入した軽アイゼンも大活躍。
    私は長者原~雨ヶ池~法華院温泉山荘~翌朝北千里浜~久住分かれ~中岳~久住分かれ~諏峨守越~長者原と歩きました。
    中岳登り切った時も息が上がらず自分の成長を感じた楽しい登山でした。ちょうどハチさんが法華院温泉山荘に着いた時ぐらいに私は中岳頂上にいた模様。
    次は牧ノ戸峠から久住山を目指してみようと思います。

    1. hachi より:

      cb1300さん

      初めまして、こんばんは^_^ ハチです!
      このブログを山選び材料の1つにしていただいたようで…ありがとうございます♪

      1ヶ月半の間に14回の山行とは、登りましたねー!
      ジャケットも購入!必要だし欲しくなりますよね^^
      10日は確かに、水色の空で綺麗でしたね〜♪
      淡くて透き通った感じが美しいと思いながら眺めていました。
      これから色んな山の表情が見られると良いですね!

      また、法華院温泉山荘に宿泊とは羨ましい!
      (大部屋に宿泊されたのですね〜。寒いですよね・・・。)
      法華院は個室の予約が埋まると大部屋へ…という仕組みのようです。
      今まで何度か宿泊してはいますが、ワタシは2週間以上前から予約してしまうので
      個室が空いていて大部屋になった事がありません…
      しかし!冬は夕方にストープ点火してくれるまでは個室も寒いです(笑)
      皆さん個室の引き戸を少し開けたままにして、暖気が入る状態で寝てらっしゃいます(笑)

      テント泊はですね・・・慣れます(笑)
      ワタシはぽんこつハイカーなので吹雪だと分かっている時には登らないし、
      テント泊もしません。ぜんぜん強者じゃないんですよ(笑)
      暑さ・寒さ・距離・重さ・登山スキルにおける自分の限界値を把握していまして、
      「無理せず安全・健康第一!」で歩いておりますっ♪

      くじゅう連山は長者原や牧ノ戸から登れば快適に登ることができますし、
      東西南北いくつか登山口があって、登山口毎に山中の雰囲気が違ってステキですよー!
      牧ノ戸からだと、
      牧ノ戸ー星生山ー星生崎ー久住分かれー天狗ヶ城ー中岳ー稲星山ー久住山ー久住分かれー牧ノ戸
      ・・・は、ベタですが好きな順路でお気に入りです。

      どんどん歩きたい山が増えて、見たい景色が増えて、
      計画するのに大忙しになると思いますが、お互い怪我なく楽しい山歩きしましょうねー♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です