久住を歩く -2019年登り初め-

 

 

2019.01.02(wed)

大分県玖珠郡・竹田市

 

〜久住を歩く〜

-2019年登り初め-

 

 

 

友と2019年の登り初め

 

久住へ向かい5時前に歩き始める

歩きながら進むか途中で撤収か考えよう、

と、牧ノ戸峠から歩を進める

 

 

駐車場の気温は−7℃

空には山陰が見えないくらいの雲

 

 

扇ヶ鼻を過ぎると

風を遮る木立が無くなり

全身に寒風を受けながら進む

 

 

暗いだけでなく

ガスにも視界を奪われる

動いているので気温程の寒さは感じないが

やはり末端とお尻が冷える

 

 

2018年の登り初め同様

久住分かれ下に到達した時点でもガス

 

 

避難小屋でプチ会議

避難小屋は入口にシートを垂らしてくれていて

風が入って来ず

昨年より温かかった

しかも先行者が何組もいたはずだが無人

池の小屋にいらっしゃるのだろう

 

貸し切り状態で友と会議

 

日が昇ってもガスが切れず下山決定!

 

白い世界と霧氷が美しい

 

 

 

 

 

 

タラ〜ン!

 

白いぜ〜

 

 

 

 

 

 

いつものトンネル

雪で埋まるのが楽しみ

 

 

 

 

 

 

薄ら太陽の力を感じるけれど

すぐに雲が流れてくる

 

空が透けて見えると周囲の景色が不思議な色に。

 

 

 

 

 

 

 

沓掛山まで戻ってきても

久住の皆さんはまだまだガスの中

 

 

寒くても

 

ガスでも

 

綺麗なものはやっぱり綺麗だー!

 

 

なんだかんだと楽しみ、下山完了!!

 

 

 

 

 

 

下山後、長者原まで降り食事の用意

 

 

お正月なので!

 

まずは!

 

 

“お雑煮”

 

紅白のお餅に

白菜、春菊、昆布巻きかまぼこ、とろろ昆布

出汁は”永谷園のお吸い物”を使用

 

しみますなぁ〜

 

 

 

 

 

 

続いて友が用意してくれた

熱々のおでん

 

美味であるっ

 

 

 

 

 

 

そして

餡子つきのお餅

 

 

 

 

 

 

長者原の気温も低いようで

歩行時に凍ったドリンクがそのまま溶けず

シャーベット状態

 

凍るよね〜

 

 

 

 

 

 

11時頃

長者原を出発する際

久住の皆様を眺めるも白い世界のまま

 

 

 

 

 

 

長者原を出発しドライブがてら

玖珠の”慈恩の滝”へ

 

 

よく通りかかるのだが

本日もなかなかの水量だ

 

 

 

 

 

 

友と裏を通ってみる

 

 

 

 

 

 

水しぶきが冷たーい!!

山着のままでよかった!

 

 

 

 

 

 

続いて天瀬の先にある

“観音の滝”

 

こちらはいつもあっという間に通り過ぎる

 

 

 

 

 

 

更に、更に。

小石原方面へ向かい

“行者杉”を見に行く

 

 

その昔

行者さん達が植えたのだとか

 

 

 

 

 

 

鬼杉(英彦山のとは別)に始まり

 

“霊験杉”(行者の母)

 

 

 

 

 

 

幹もさることながら

枝振りも素晴らしきかな

 

 

 

 

 

 

“大王杉”(行者の父)

 

 

 

 

 

 

背が高く

広く枝が張り出している

 

 

 

 

 

 

その奥には

“境目石”

 

筑前と豊前を分つ石である

 

 

 

 

 

周辺には他にも

行者さん達が使っていたお堂やら社やらが点在

膝を乗せると特効のある石も。

 

友もワタシも乗せてみた

(もちろん両膝!)

 

 

 

 

 

 

登り初めもお出かけも楽しんだ

今年も1年、

気になるところに出掛けて行こう

 

歩きたい山に歩きに行こう

 

 

 

次はどの山にしましょうかね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です