関の山を歩く-2018年登り納め-

 

 

 

2018.12.31(mon)

福岡県飯塚市・田川市

 

〜関の山を歩く〜

-2018年登り納め-

 

 

 

ずーっと

「今年の登り納めはどこにしようかな〜」

と考えていたのだけれど

どこも捨て難く

それぞれ良い山だから決めきれず。

 

 

そこを何とか考え

短時間で登って下りて来れる山で

尚且つ

“優しい雰囲気の山にしよう”

ということで「関の山」に決定

 

 

20台ほど駐車可能な駐車場には

10台程の車達

 

皆さん登り納めてい様子

いいお天気だものね〜

 

 

 

左の坂道を上って行く

 

 

 

 

 

 

すぐに温かくなってウインドシェルを脱ぐ

ドリンクをごくごく

温かいですなぁ

 

滅多にショートパンツでは歩かないけれど

少し前にモンベルの

“サーマラップパンツ”を買ってみていたので

試しに履いて歩いてみた

 

下にタイツを履き

さっぶい時のためにレッグウォーマーも装着

 

「いや、それならさ、

ロングパンツでいいんぢゃない?」

ってことにもなるのだけど

主に行き帰り用に買ったものだから

まぁ良しとしよう

 

 

 

 

 

大山・金石山との分岐

右へ参りまぁ〜す

 

 

 

 

 

 

光が差して綺麗だ〜

 

 

 

 

 

 

20数分ほどで縦走路に出る

 

 

 

 

 

 

背の高い草のトンネルを行く

 

 

 

 

 

 

さー

見えてきたよー

 

 

 

 

 

 

30分で山頂に到着!!

 

 

 

 

 

 

 

青空が気持ちいいねー

英彦山系のポコポコとした山々が見える

 

 

 

 

 

 

こちらは

左側に福智山の皆さん

右側に香春岳の皆さん

 

 

 

 

 

 

で、

パチパチ撮っていたら冷えてきたので

早速着込む

 

 

 

 

 

 

山頂にはドリーネもある

 

 

 

 

 

 

ちっさい松ぼっくりみたいな、

クリスマスリースについてるような、

命名「チビぼっくりが沢山ついた木」

 

 

 

 

 

 

控えめで味のある山頂標識

オツである

 

 

 

 

 

 

ベンチで佇んで

ボーーーーーっ

 

 

「あっ、そうだ、大晦日だ、帰らなくちゃっ」

 

 

と下山開始

 

 

来た道ピストンもなんなので、

左に旧道、右に現登山道の分岐を

旧道へ

 

 

 

 

 

 

日当りの良い現登山道もよいけれど

旧道も良い雰囲気

 

 

 

 

 

 

すぐに現登山道に復帰すべく分岐が現れるのだけど

1合目まで伸びる現登山道の左側の登山道を歩く

 

 

 

 

 

 

更に駐車場直前まで伸びている登山道との分岐

1合目か駐車場か?

の分岐なので1合目の方へ針路をとる

 

 

 

 

 

 

急な斜面と落ち葉の道をゆくと

1合目の看板のあたりに出てくる

 

 

 

 

 

 

穏やかなプチ山行だった

 

 

 

 

 

 

今年も怪我なく

元気に歩けて良かった

 

色んなことがてんこ盛りの1年だったけれど

何とか生き抜くことができた

 

来年も実りの多い1年にしたいものである

 

 

 

ブログ「ハチアルキ」をご訪問いただいた皆様、

どうぞ良いお年をお迎えください

 

 

 

 

 

 

影ハチ「Hey! Yo!風」、完成!

 

次はどの山にしましょうかね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です