聖岳・福寿山・鬼ノ鼻山を歩く

 

 

2018.12.23(sun)

佐賀県杵島郡大町町

 

 

〜聖岳・福寿山・鬼ノ鼻山を歩く〜

 

 

 

夜明け前

友と待ち合わせ

一路、佐賀県へ

 

 

友が気になっていたという山へゴー!

 

 

途中コンビ二で朝ご飯を買ったり

コーヒーを買ったり

いつもながらぼちぼちドライブ

コンビニの駐車場で朝陽を鑑賞

 

いぃ〜ねぇ〜

 

 

 

 

 

 

どんぶらこと走っていると

大町町の”聖岳展望所”の登山口に到着

 

駐車場はこの登山口の向かい側

祠が入口にあるので駐車場とは分からず通過

「は?」などと言いつつ後戻って駐車

 

 

8:27

スタート!

 

 

 

 

 

 

登山口からは792段の階段を歩いて行く

 

幅が丁度良いので

辛くなかった

 

 

 

 

 

 

友が後ろからパチリと撮ってくれた

 

 

 

 

 

 

8:47

おしゃべりしながら展望所に到着

 

 

 

 

 

 

展望所のすぐ上にある

“弁財天”

 

手を合わせたら

もう一度展望所で眺め散らかす

 

 

 

 

 

 

前方には有明海

薄っらと雲仙岳、多良岳が望める

 

 

 

 

 

 

雨が降り出す前に先に進む

車道を突っ切り福寿山へ向かう

 

 

 

 

 

 

楠の群生林には800本もの楠がある

 

福岡の立花山の原生林と比較すると

若い樹が多いようだが

800本もあるとやっぱり気持ちいい

 

 

 

 

 

 

稜線に出ると

多少のアップダウンはあれども

穏やかな登山道

 

 

 

 

 

 

福寿山のピークは撮っていないけれど

ピーク近辺から山茶花が増えてくる

 

濃いピンクの花びらがいっぱい!

 

 

 

 

 

 

椿に似ているけれど

色は椿よりピンクだし花首ごと落ちてはおらず

花びらが美しく散っている

(でももしかしたら椿なのかも…)

 

 

 

 

 

 

薄いピンクの山茶花もチラホラ

こちらは花びらの数が多め

 

 

 

 

 

 

山茶花ロードだな〜

 

 

 

 

 

 

見はらし台からは

ポコポコとした山並みが見える

 

蛇行した河川の模様や

色の異なる田畑が美しい

(写ってないけど)

 

 

 

 

 

 

小さい鬼が・・・

 

 

 

 

 

 

歩いて来た道を振り返る

い〜ね〜

 

 

 

 

 

 

そしていよいよ近づいて来た!

 

 

「ヤツがいたぞーー!!」

 

 

 

 

 

 

滑らないように気をつけて近づく

 

そして・・・

 

 

10:12

鬼ノ鼻山に到着

 

 

見つけたーーーーーー!

 

 

成敗するぞーーーーー!

 

 

と、ふざけながら

友とこれでもか?!と言う程写真を撮る

 

 

 

 

 

 

後ろデコを登ってみる(フリ)

 

 

 

 

 

 

口から生還!!

 

 

 

 

 

 

ひとしきり鬼ノ鼻山でふざけ下山開始

 

 

すると、ほどなく霧雨が降って来た

おおよそピストンで駐車場に戻る

 

周回できるようになっているのだが

ほとんど人が入っていないようで藪漕ぎ状態

 

雨が降り始めたこともあり

ピストンを選択した次第

 

 

お腹も減ったし

温かいものが食べたい

 

雨が降らなければ

見晴らしのよい山頂で食べようとしていた

“だご豚汁ちゃんぽん”

 

近くの「ボタ山わんぱく公園」へ移動し

東屋をお借りして喫茶はち営業開始!

 

 

雨粒こそ大きくないものの

風が強い

 

横降りしているなか上下レインを着込んで調理

レジャーシートを風よけにしながらモリモリ食べる

 

 

 

 

 

 

食べたらもちろんおやつタイム

実は少し前に誕生日を迎えており

友人にコーヒーをいただいていた!

 

後味フルーティーなコーヒーなのだが

美味である

 

 

 

 

 

 

そして、この日は

友がプリンアラモードを用意してくれており

プチお誕生会の様相だ

 

友よ、ありがとう

 

 

 

 

 

 

食べたら冷えた身体を温めにお風呂へ

車で30分程の”武雄温泉”へ

釘を1本も使っていない楼門が有名だ

 

子供の頃に両親に連れられて来て以来、

大人になってからは「初」だ

 

 

 

 

 

 

奥の案内所は資料館にもなっている

 

 

 

 

 

 

昔のお風呂

深いよねー

 

 

 

 

 

 

資料館2階から温泉街が見える

 

 

 

 

 

 

建物の中は純和風

でもランプ等はモダンな雰囲気

 

 

 

 

 

 

お風呂は”元湯”さんに立寄り湯

 

大人400円

シャンプー・ボディーソープあり

 

 

裏手には”淀姫社”と”薬師如来像”

どちらも温泉街の鎮守として設けられたものだそう

 

 

 

 

 

 

お風呂に入ったら

あとは帰るだけ

 

でも!

地のものが食べたい!

 

という訳で。

「井出ちゃんぽん北方本店」さんへ

 

 

 

 

 

 

ちゃんぽんを注文したら

野菜てんこ盛りのちゃんぽんがやってきた

 

炒めている間も

鉄板で炒めている良い香りが漂っていた

 

 

 

 

 

 

餃子も注文してみたが

肉汁が出てくるジューシーさ

 

 

 

 

 

 

美味であった

山・温泉・食を堪能!

遊び放題だ

 

友よ、友人よ、ありがとう!

 

楽しかった〜

 

 

次は山にしましょうかね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です