九州オルレ・平戸コースを歩く

 

 

2018.10.28(sun)

長崎県平戸市

 

〜九州オルレ・平戸コースを歩く〜

 

 

ずっと来てみたかった

九州オルレ平戸コースにやって来た

 

平戸市役所の有料駐車場に車を置く

平戸港交流広場駐車場や

市役所の第2駐車場にも停められる

料金は同じくらいだったようだ

(1日最大500円)

 

 

市役所からスタート地点の交流広場へ向かう

曇天だけど晴れるかな〜

 

 

 

 

 

 

広場内の観光案内所は8時から開いている

平戸コースの地図をいただいた

 

 

 

 

 

 

そして今回、

長いこと頑張ってくれていた

“バスク マインドベンダー”に代わり

“ラ・スポルティバ プライマー”がデビュー

 

 

足のサイズが小さく

ヒールカップにも合うものが少なく

毎回、毎回、山靴探しは長期戦になる

 

今回も2ヶ月くらい悩んだ末に決めた

(もう少し安いのがよかったなぁ…)

 

 

 

 

 

 

8:32

スタート地点 出発!

 

歩き始めてすぐ「軽トラ市」の幟

 

そこここのお店が移動販売よろしく市を展開

まだ時間が早く準備をされていた

 

 

 

 

 

 

8:51

最初のポイント

「最教寺」

 

空海が立ち寄ったことから開かれたお寺

お地蔵さんがいーっぱい

 

 

 

 

 

 

オルレのリボンに沿って進んで行くと

三重の塔

正面には不動明王

 

なぜか怒られている気分になり退散

 

 

 

 

 

 

しばらく車道を進み里山の中を突っ切る

 

 

しかーし!

 

 

まだあるのだ・・・

蜘蛛の巣トラップ・・・

 

 

であるので、今回も登場

“マジカルぷいぷい棒”

 

毎回大活躍である

よし、かかってこいっ!

 

 

 

 

 

 

山中、車道、山中、車道と歩いて

楽しみにしていた

川内峠の入口に到着

 

遊歩道をゆく

 

 

 

 

 

 

9:47

川内峠 到着

 

わーーい

広いぞー

だーれも居ないぞー

 

 

お手洗いと自動販売機と

建物(展望用?)があるので

よろしいですなぁ

 

さ、あのポコポコに向かいましょ

 

 

 

 

 

 

「塩上げ石」

 

650年程前

1人の塩行商人が毎日この峠を越え

商売に行っていたが

この石に差し掛かった折り

塩をひとつまみ塩を乗せ、

前方の霊峰安満岳の権現に手を合わせ

大成を祈願したそう

 

後に願いは叶い

大渡長者と称され

時の国司に領地を献上する程になった

…と伝えられている

 

 

 

 

 

 

よし、行くぞー

 

 

 

 

 

 

9:56

着いたー!

 

 

 

 

 

 

この眺望!

気持ちいいなー

 

 

 

 

 

 

対馬側の方が晴れている

 

 

 

 

 

 

振り返る

 

 

 

 

 

 

三等三角点と影ハチ

 

 

 

 

 

 

紫系の花がいっぱい

 

 

 

 

 

 

ポコポコを下り

コースを進む

見たことのない・・・花?身?

 

 

 

 

 

 

そして

やはりトラップが・・・

 

 

1本目のぷいぷい棒は車道に出て放棄したので

(実は)3本目のぷいぷい棒

 

しかも史上初の長さ

 

驚異の2m越えだ

 

釣り竿くらいあるぞ

これで絶対にトラップを回避できるはず

 

 

 

 

 

 

バッタを踏まないように気をつけながら歩く

すると、デイキャンプ場に出た

 

のんびりとした空気感があるので

リラックスできるだろうな〜

 

 

 

 

 

 

晴れてきてくれたので

木漏れ日が心地よい

 

 

 

 

 

 

ライフカントリーというグランドの上に出てきた

 

 

 

 

 

 

ここからも海が見える

 

 

 

 

 

 

グランド横のベンチでオヤツを食べる

オルレ地図によると9.2km地点だそうだ

 

 

食べたら再び歩き出す

立派な野球場を通り過ぎる

 

日曜日だがやってないもんだね

 

 

 

 

 

 

11:44

川内峠とともに楽しみにしていた

「平戸フランシスコ・ザビエル記念教会」到着

 

順路としては教会の裏手を右に折れるのだが

正面から突撃してみる

 

 

 

 

 

 

ザビエルさんは日本に訪れている間、

2度も平戸に訪れているとのこと

それ故の教会名だそうだ

 

 

 

 

 

 

中には入ることができるが

本来は信仰されている方々の祈りの場所

教会入口付近のみ入ることができる

 

入口には注意事項が記載されているので

きちんと読んでから入室していただきたい

 

 

 

個人的に感じたことだが

他国の教会と中の雰囲気が異なるように思う

 

この教会の中は優しく明るく温かい印象だった

 

訪れたことのある国の教会しか分からないが

石造りの教会が多く

窓やステンドグラスの配置が高いため

明り取り、という感じではなかった

 

薄暗い中でいくつもの蝋燭が灯り

荘厳な印象を持った教会が多かった

 

 

やはり日本は地震国であるし

木造文化なんだなぁ

 

 

 

 

 

 

続いて松浦藩主のお墓

写真ではよく分からないが

大きい

 

 

 

 

 

 

お墓を過ぎ、次のポイントへ

 

「寺院と教会の見える風景」

 

先の教会が寺院の方から見え

不思議だ

 

 

 

 

 

 

 

さらに次のポイント

 

「大蘇鉄」

樹齢は400年

 

 

 

 

 

 

木の肌に何やらオレンジのふわっとした芽

 

 

これが沢山ポチポチとくっついている

何だろうね?

 

 

 

 

 

 

枝ぶりもグワっ!と迫力がある

 

 

 

 

 

 

すっかり晴れだ

歩くのにもってこい

 

 

 

 

 

 

港の方を見ると

色んな四角屋根がテキスタイルの如し

 

 

 

 

 

 

平戸オランダ商館に向かうついでに

「崎方公園」へ

 

展望スペースを写真におさめたかったが

おじさんが上半身裸だったので断念

 

 

夕陽とか眺めるの、いいだろうな〜

 

 

 

 

 

 

12:33

平戸オランダ商館 到着

 

 

同じ長崎県の出島に拠点が移されるまでは

ここが貿易の要だった

 

キリスト教が禁止されてから

取り壊されてしまったそう

 

その理由やこの商館の役割の紹介や

展示物などがある

料金はここ単体で入館するならば300円だ

 

 

 

 

 

 

平戸オランダ商館前の海の色

和むわ〜

 

魚が沢山泳いでいる

気持ち良さそうだ〜

 

 

 

 

 

 

さ。

 

 

フィニッシュ地点へ向かおう

崎方町の街並を眺めながら進む

 

 

 

 

 

 

13:25

フィニッシュ地点 到着

「平戸温泉うで湯あし湯」

 

楽しかったー

 

 

 

 

 

 

少し遅めではあるけれど

お昼ご飯の時間だ

平戸ちゃんぽんか海鮮系か悩み・・・

 

 

海鮮系に決定!

 

 

フィニッシュ地点から5分程の

「旬鮮館」さんへ

 

 

 

 

 

 

ワタシが受付表に名前を書いてから

10分程後に受付終了!

 

直売の魚もとっくに売り切れていた様子

 

お腹空いたよー

定食にしよー

魚も食べたいけれど白米も食べたいよー

 

 

 

 

 

 

生け簀があり

生け簀の向かいに魚を捌く部屋があり

捌いてすぐに店内に持ち込み

盛りつけて提供する・・・

 

というスタイル

 

 

捌き立てを食べられるのだ

 

 

 

 

 

 

平戸刺身定食 700円(税込)

ご飯、刺身、魚入りお味噌汁、小鉢(おからだった)

 

 

700円でこれだけあれば嬉しい!

 

 

 

 

 

 

ひおうぎ貝単品 1枚250円(焼きのみ)

 

 

 

 

 

 

美味しかった〜

 

 

余韻に浸りつつ

少しプラリ

 

すると、古〜いタバコの自販機が。

なんかイイぞ

 

 

 

 

 

 

平戸城が鎮座

 

 

貿易が始まったり

宗教弾圧が行われたり

考えると複雑な気持ちにはなる

(“沈黙“の原作を読んでおり

映画も観ているので複雑さは増す)

 

今、この時の平戸は

ただ ただ 心地よい

 

 

 

 

 

 

幸橋も今朝見た時より

シャキッと渡っているよう

 

 

 

 

 

 

平戸大橋を渡る

 

 

橋の付け根に展望スペース

ちょいと寄って平戸に「ありがとう」を。

小さな茶色い異国の方にも。

 

 

 

 

 

 

帰路、

松浦市の「海のふるさと館」に寄り道

 

オヤツいりこを買うか迷いつつ

レジが混んでいたので

何となく帰って来てしまう

 

このテンションの低さが

ワタシの悪いところ

 

 

 

 

 

 

日帰りプチトリップ

海沿いの散策は楽しいなぁ〜

 

スポルティバのプライマーも

履き慣らし具合は上々!

 

 

残りの紅葉、どうしようかね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です