石村萬盛堂さんの塩豆大福

 

 

 

夕暮れの寄り道

 

 

恐ろしく空腹だと

つい向かってしまうお店の1つ

 

“石村萬盛堂 本店”さん

 

まずもって雰囲気が好きだ

 

 

 

 

 

 

創業は明治38年

 

現在の建物はもちろん比較的新しいのだけど

創業時の雰囲気を醸した作りなのだ

 

日によっては

焼き団子をお店の前で売っていたり…

 

 

甘味が大好きということではないけれど

ここと如水庵のお菓子は好きで

たまに食べたくなって寄ってしまう

 

いつもなら山行にも持参する

鶴の子を購入するところだが

気分を変えて塩豆大福にした

 

 

たった2つ購入するだけなのだが

「よろしければ、

季節の栗鶴の子を召し上がってお待ちください」

と、お茶と小振りの鶴の子を出してくださった

(毎回ではないけど

期間限定商品の時期には出たりする)

 

 

 

 

 

 

これなのよ

 

こういうところなのよ

 

だから好きなのよ

 

また買いにこよって思うのよ

 

 

美味しくいただいた!

 

 

夕飯を食べ、食後のコーヒーではなく

緑茶を淹れ

塩豆大福も食べる

 

 

 

 

 

 

塩豆大福と栗塩豆大福の2種類を購入したが

さすがに食後に2つは食べられないので

栗味をいただいた

 

サイズがワタシに丁度良いのだよね〜

 

甘いものは嫌いなのではないけれど

通常、

ケーキでも和菓子でも

丸っと1つ食べると眉間が痛くなり

胸焼けするので半分でいいのだ

 

 

この大福も鶴の子も

餡子がパンパンに詰まっている系ではないので

食べ易い

 

萬盛堂さんのHPは

お店のことだけでなく

昔の福岡にまるわる記事もかかれていて

大変面白い

 

 

そういうトコも好きだ

 

 

 

普通の塩豆大福は明日のオヤツ

 

温かいお茶が美味しい季節になったな〜

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です