久住でテント泊 〜9/16,17 坊ガツル〜

 

 

2018.09.16(sun)~09.17(mon)

大分県玖珠郡九重町・竹田市

 

久住でテント泊

〜 坊ガツル 〜

 

 

のんびりしたくてテント泊へ

テント内の閉ざされ感が安心するのか何なのか

毎回、すごい寝る。

 

のんびりなら久住がいいなー

 

 

と言う訳で・・・ はい。

平治号、行ってくるねー

 

 

9:58

長者原スタート

 

 

 

 

 

 

なんだか雲の具合や

湿度の具合が気になりますねぇ

 

 

 

 

 

 

ほのぼのするわ〜

 

行きで雨ヶ池ルートを歩くのは久しぶり

 

ぼちぼちの数のハイカーさん達が歩いている

坊ガツル、多いだろうな〜

 

 

 

 

 

 

11:01

ススキの穂がほわほわしてきたけれど

まだ半袖1枚でも汗が流れる

 

 

 

 

 

 

マツムシソウだー

 

そうか、そんな季節かぁ

このマツムシソウの色は大好きだ

 

 

 

 

 

 

おっ

見えてきましたな

やっぱり結構なテントの数だ

 

 

 

 

 

 

11:55

坊ガツル 到着

 

小さなお家を設営

 

お昼撤収組の皆さんと入れ違いの時間帯だった

多く見えたけれど

一旦テントが減る中、お家完成

 

 

 

 

 

 

テントが減る、と言っても

少ない訳ではないので

ワタシ自身の中で「空いてる時はココ」

と言う場所は既に先客あり。

 

いくつかある次候補の中のひとつへ

 

 

 

 

 

 

お腹が減ったので

軽くラーメンでも食べましょ

 

食後、危うく昼寝の勢いだったが

ワタシにしては珍しく散策開始

 

 

 

 

 

 

飲み物

おやつ

レイン

 

 

“うろうろ3点セット”をサブザックに投入

ウロウロ・・・ ウロウロ・・・

 

 

13:04

何となく毎度お馴染み法華院方面へ

 

 

 

 

 

 

13:41

ボンヤリと歩いて

何となく鉾立峠まで来てしまった

 

 

 

 

 

 

白口岳を眺めてみる

 

立中山も眺めてみる

 

飲み物を一口飲んでみる

 

そして、、、

前日雨が降ったであろう事は分かっていたのに

何となく白口岳へ向かう

 

 

 

 

 

 

ズルズルの登山道をズルズルと歩く

途中、振り返り坊ガツルを眺める

 

 

 

 

 

 

14:31

白口岳 山頂

標高 1720m

 

 

山頂に着くとリンドウが沢山咲いていて

思わずほっこり

 

 

 

 

 

 

オタカラコウ(?)も咲いている

 

 

 

 

 

 

でも

ガスがぁ〜

 

風もあることだし

飲み物を飲みながらちょびっと待つ

 

稲星山と中岳の鞍部がチラリ

 

 

 

 

 

 

干し梅を食べながらボケ〜っとしていると

稲星側からチラホラと人がやってくる

 

魂ぃの抜け殻のように見えてやしないだろうか?

 

まぁ 見えててもいっか。

 

 

ガスだけどお陰様で涼しい

 

 

14:47

身体が冷え過ぎない内に写真とって下山しましょ

 

 

 

 

 

 

15:53

法華院まで戻ってきた

 

オランジーナを飲みながら

「ついでに立中山も寄ってくればよかったな」

とボケ〜っとする

 

久しぶりにオランジーナ飲んだけども

美味だな

 

 

 

 

 

 

坊ガツルに戻ろう

お腹減った

 

 

 

 

 

 

来てから食べてばかりいるような気がするが

早めの夕食だ

 

 

 

 

 

 

ビーフシチュー

じゃがいもとトマトのジェノベーゼ

 

 

 

 

 

 

食後にはコーヒー

まったりである

 

 

 

 

 

 

食事の片付けをし

テン場をウロウロ

お風呂に入っていないことに気づき

法華院へ

 

3連休なだけあり

談話室もお風呂も人がいっぱい

 

汗を流すと気持ちいい

まだ湯冷めする程の気温ではないので

外で本日2度目の炭酸飲料を摂取

 

 

 

 

 

 

ドクターペッパー

(レモンスカッシュにすればよかった!)

 

 

 

 

 

 

暗くなってきたな〜

 

空には雲がかかったままだけども

今晩は少しくらい星は見えるだろうか?

 

 

 

 

 

 

坊ガツルへ戻ると

宴会が始まっていたり

夜の写真を撮る準備をしている方がいたり

家族で語らっていたり

皆さん思い思いの時間を過ごしている

 

ワタシはとにかくひたすらまったり

 

 

 

 

 

 

お向かいのテントには

お父さんと息子さんのペアが。

 

(決して聞き耳を立てていた訳ではないけど)

お父さんが山のコトやテントのコトを

嬉しそうに、楽しそうに息子さんに話している

 

何だかコチラまで嬉しくなってしまった

 

 

20時を過ぎる頃

夜空の雲の切れ間から星が見えてきた

 

小一時間眺めてぼんやり

何を考える訳でなし

気が済んだら寝る支度をして

おやすみなさーい

 

 

 

 

 

 

翌朝6時前

おっはよーございまーす

 

 

 

 

 

 

顔を洗い朝食の準備

 

スキムミルクとグラノーラ

キウイ

コーヒー

 

 

 

 

 

 

食べたらボチボチと撤収準備

涼しい内に動きましょ

 

 

7:54

撤収

 

ススキのほわほわが腕にあたってくすぐったい

 

 

 

 

 

 

朝の青は淡い

気持ちいいな〜

 

 

 

 

 

 

長者原へ向かっていると

銀竜草だ!

 

9月だけどまだ生えてるなぁ

一カ所だけでなく

少し距離を空けてチラホラと株がある

 

 

 

 

 

 

 

山の中が心地良い

 

 

 

 

 

 

登山道の横にはキノコだらけ

そんなキノコ達の中に

不思議な形のニョキニョキが!

 

下山完了後に

ビジターセンターの方に訊ねなければっ!

 

 

 

 

 

 

表面が赤いキノコ

ひとたび気づけば

山の中がキノコ畑に見えてくる

 

 

 

 

 

 

長者原に戻ってきた

 

 

 

 

 

 

9:49

下山完了

 

 

 

 

 

 

ビジターセンターに行く前に

ちゃんとした朝ご飯を食べておこう!

 

ヘルスセンターのとり天定食!!

 

(ちょっぴり値段が上がっていてショック)

 

 

 

 

 

 

食べたらビジターセンターへ向かう

 

携帯の写真を呼び出しておく

窓口に一直線!

 

 

「あのぅ…お訊ねしていいですか?」

 

 

と窓口のお姉さんに訊ねる

 

 

お姉さんが分からなかったようで

後ろに控えていたおじ様2人にバトンタッチ

 

すると

片方のおじ様が

「これは多分、ナギナタタケだと思う」と。

 

キノコの本を一緒に見て事実確認

やはりナギナタタケである可能性が高いようだ

ひとつお勉強になりました

 

ありがとうございました!!

 

次回見つけたら迷わず言えそうだ

「あっ!!ナギナタタケやん!!」

と。

 

次はどの山にしましょうかね

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です