北アルプスー双六岳を歩く① 新穂高〜双六小屋

 

 

2018.07.12(thu)〜16(mon)

北アルプスー双六岳を歩く①

(新穂高〜双六小屋)

 

 

 

歩いてみたかった双六岳

仕事はお休みと早退で日程を確保!

 

さーーー!

しまって行こーーーーー!

 

 

 

職場から福岡空港へ直行、

夕方発の便で一路、羽田空港へ

京急と東京メトロで竹橋に到着

 

地上に上がり毎日新聞社1階へトコトコ

各方面へ向かう登山バス受付を待つ人々

 

 

 

 

 

 

同じ1階にはお手洗いもコンビニもあるので

朝ご飯や飲み物を調達できる

ファミリーマートなのだが

イートインもあり

夕食をとるのもいいかもしれない

 

 

22:15頃

各方面受付開始

 

ワタシは新穂高方面の受付を済ませ

バスへ向かう

(予約等の諸々は後日備忘録を記そうと思う)

 

 

 

 

 

 

バスの入口に座席表が張り出されているので

自分の席を確認し着席

 

ソロの女性はソロの女性が隣席になるよう

配慮してくれている

 

ワタシが予約したのは往復4列シート

この日はキャンセルがあったようだが

ほぼ満席

 

 

竹橋を22:30に出発すると

続いて新宿西口、

都庁大型バス駐車場で更に乗客を迎える

 

 

何度か休憩があったようだが

あまり記憶がない

寝てた

 

 

 

そして

7.13(fri)

6時頃 着いた!

 

 

 

 

 

 

登山届けをポストイン、

お手洗いを済ませ、

飲めるお手洗いの水で飲み水を確保、、、

 

 

6:40

出立!!

 

 

 

 

 

 

ゲートの横を通り

まずは”わさび平小屋”を目指す

 

 

「努めてゆっくり、努めてゆっくり」を

心がけて歩くのが今回のテーマ

せっかく来たのだから堪能したいっ

 

 

 

 

 

 

林道のような道をボチボチ進む

 

暑さで早くも汗がにじむが

右手斜面に”風穴”が出現

この穴から冷風がそよぐ

「おたすけ風」でお馴染みのよう

 

 

 

 

 

 

笠新道登山口を通過

この登りには気合いが必要な雰囲気

 

 

 

 

 

 

8:04

わさび平小屋 到着

 

 

 

 

 

美味しそう!

下山ではキュウリかトマトが食べたいなぁ

 

 

 

 

 

 

涼んで休憩したら

次は”秩父沢”を目指すべくブナ林を進む

 

 

 

 

 

 

割れた雪渓が出現

おぉー!

 

 

 

 

 

 

 

地味な登りが始まる

 

 

 

 

 

 

太陽が照ったり

雲に隠れたり

道々には綺麗な花達

 

 

 

 

 

 

ダラダラと汗が流れる中

沢の音が近づいてきた

 

 

 

9:29

秩父沢出合

 

 

皆さん水休憩

ワタシも手を浸したり

靴を脱いで涼む

 

 

 

 

 

 

 

休憩後

続いて”シシウドヶ原”を目指す

 

歩くのはやっぱり岩

のんびり足元に気をつけて歩こー

 

 

 

 

 

 

11:14

シシウドヶ原

 

 

皆さん大きなザックをおろし

涼んで休憩

ガッスガスの癖になかなか汗が引かない

 

 

 

 

 

 

岩と土の登山道を進み

お次は”鏡平”を目指す!

 

 

“熊のおどり場”では熊に出会わず

 

この辺りにはオコジョが居るようだが

オコジョにも出会わなかった

 

 

 

 

 

 

12:22

鏡平

 

 

到着した際

ちょうど少しだけ雲が切れた瞬間だった

 

この先にある山荘の方から

カメラを持って小走りにやってくる方もいた

ちょびっとだけ槍が見えている

 

 

 

 

 

 

山荘のベンチでナッツもぐもぐ休憩

お天気のベースは晴れなので

とにかく暑い

 

 

 

 

 

 

さぁ、さぁ、

お次は”弓折乗越”を目指すのだ!

 

 

 

 

 

 

登山道にも雪渓が残っている

ノーアイゼンでも歩けるのだが

テント泊装備ですっ転ぶのも嫌なので

やはりノンビリ歩く

 

 

 

 

 

 

本来、

ガスがなければ穂高の皆さんやら槍やらを

右手に眺めながら歩ける登山道

 

なーんにも見えないので

小声で花に話しかけながら進む

 

 

 

 

 

 

13:52

弓折乗越

 

 

休憩しているとガスが切れてきた

すぐ上の稜線に上がってみると

西側は北西尾根等がちゃんと見えている

 

 

「空ぁーーーー!」

 

 

 

 

 

 

そして更に雪渓

と、思ったら・・・

 

 

鷲羽ーーーーーーーーー!!

 

 

「究極のチラリズムやんっ」と

意味不明なほどテンション上昇

 

 

 

 

 

 

高山植物がてんこ盛りの花見平を通過

もちろん、眺め散らかす

 

 

 

 

 

 

 

14:46

くろゆりベンチ

 

座って眺められるベンチが設置されている

 

 

 

 

 

 

そしてクロユリ

 

ここから先の登山道では

クロユリを目にすることができる

いや〜、ラッキーなタイミングで来れたな

 

 

 

 

 

 

少し高度を下げながら歩いていると

見えてきた!

 

 

 

 

 

 

もういっちょ、

見えてきた!

 

 

 

 

 

 

見えてきたと思ったら

隠れた!

 

(でもこれはこれで絶景)

 

 

 

 

 

 

本当に近づいた!!

あそこは天国ですか???

 

 

 

 

 

 

15:28

双六小屋

 

 

時間をかけ過ぎてしまったが

のんびりダラダラ到着

 

 

 

 

 

 

テント場は1泊1,000円

2泊するので2,000円を受付で支払う

 

日付記載のタグを受け取る

テント設営後、見える所にタグをつけておく

 

 

 

 

 

 

夕飯は小屋飯!

 

あんかけ皿うどん

山の上でパリパリ麺を食べられるとは

 

 

オツである

 

 

 

 

 

 

お手洗いは100円で利用

外の蛇口の水は冷たくて美味

 

 

 

 

 

 

暗くなると星が見えてきた

 

「明日は晴れだな、イヒヒヒ」

 

気持ち悪い笑みを浮かべ

シュラフに潜り込む

 

 

 

 

 

 

おやすみなさい!

 

ー② 双六小屋〜鷲羽岳へ続くー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です