求菩提山を歩く(下)

 

 

2018.03.24(sat)

福岡県豊前市・築上郡

 

 

〜求菩提山を歩く(下)〜

 

 

上宮・山頂を後にし

五窟を巡るべく周回ルートをゆく

 

上宮のすぐ近くに

獅子ノ口のような辰ノ口もあるはずだが

気づかなかった

 

 

最近なのか以前からなのかは知らないが

山頂の”神が降り立つ巨石”に

彫り込んだような落書きが散見されるそうだ

 

神が降り立たなくても

自分んち以外に落書きは不要である

 

 

神社裏手には

本当にボッコボコと巨石がある

 

木の根がグルグル絡まっているものもあり

ちょっと変わった雰囲気だ

 

 

五窟に到着するまではジグザグと山肌を歩く

尾根道も清々しく

マスクをはぎ取って深呼吸したくなる

 

 

 

 

 

 

やがて”胎蔵界護摩場跡”に到着

木のお札のような物が立てかけてある

小さめの岩があるきりだ

 

その護摩場跡に五窟への分岐

 

 

 

 

 

 

森林セラピー道も兼ねているようで

早速、木の柵の質感と

木漏れビームに癒された

 

 

 

 

 

 

さー やってきましたよ

 

第一窟

“大日窟”

 

 

修験道の中心に位置するのが

「大日如来」

 

この窟には木製の大日如来像が祀られていた

現在は保存のため

求菩提資料館で展示中

 

 

 

 

 

 

五窟巡りの道は岩肌に沿っている

 

いつも歩いている山道とは雰囲気が異なり

口をポカ〜ンと開け

見上げながら歩いていく

 

よかった。マスク付けてて。

 

 

 

 

 

 

第二窟に到着する前に

“普賢の滝”を通過

 

滝と言っても

サササササーっと水が落ちており

大きな滝壺があるような滝ではない

ここも冬期は凍るのだろう

 

 

 

 

 

 

滝を越えると一定間隔くらいで窟が現れる

 

 

第二窟

“普賢窟”

 

岩が抉れている訳ではなく

小さな建屋が設置されている

昔も同様だった様子

 

 

 

 

 

 

第三窟

“多聞窟”

 

 

 

 

 

 

第四窟

“吉祥窟”

 

 

平安時代末期には納経が盛んになり

岩の割れ目に差し込み、埋納された

その様子は後世の絵図にも描かれる

 

後の調査では

納筒に「保延六年(1140年)」

の銘が確認されているそうだ

 

 

 

 

 

 

最後の窟に到達する前に

資料館への分岐がある

とりあえず窟まで歩き引き返すことになる

 

 

第五窟

“阿弥陀窟”

 

 

 

 

 

 

「窟」というと

英彦山にあるような

岩壁が抉れた窟を思い浮かべるのだが

ここは岩の質のせいもあるのか

「抉って窟」というより

「建てて窟」である

 

抉っていないので

修験者は雨にも風にも打たれ放題…

それも修行か…

 

 

阿弥陀窟からほんの少しだけ戻り

資料館への分岐を進む

 

 

 

 

 

 

ふと斜面を見ると

網に覆われた木!

 

 

 

 

 

 

直線の中にアウトローな1本

 

 

 

 

 

 

14:16

一般道に戻る

 

正面には渓流公園

 

 

 

 

 

 

渓流公園でお茶タイム

 

放っておくと全く水分補給をしないワタシ

水の音を聴きながら飲んでおこう

 

近くまで下りていくと

水がとてもきれいなのが分かる

 

釣り人1名

 

 

 

 

 

 

水分補給を終え

“求菩提資料館”へお邪魔する

 

木像や山伏の衣装など

山中で見てきたものとリンクするので

是非寄ろうと思っていた

 

しかも、入館料無料

 

 

修験道と言うと

「女人禁制」が浮かぶが

ここは妻帯が許されていたらしい

 

だからこそか、

娘っこの山伏へのラブレターが残っており

展示されている

 

ユーモアのある恋文らしいのだが

何と書いてあるか全く読めない

もう少し古文の授業を聞いておくのだった!

 

呪詛に使われていた藁人形や紙人形もある

本当にやってたんだー!

 

 

 

 

 

 

さー 駐車場に戻りましょ

ミツマタが道路脇で花を咲かせている

 

登山道にも参道にも咲いていた

そんな季節だねぇ

 

 

と言うことは

英彦山の参道もそろそろだな

 

ミツマタが咲いた奉幣殿までの参道も

雪の英彦山同様、大変美しい

楽しみだ

 

 

 

 

 

 

車に乗り込み帰路につく

 

 

途中には”鬼の雁木の滝”

細い3本の滝

 

2・3台車を置くスペースもあり

麓を見渡すこともできる

階段で滝壺の向かいへ降りることもできる

 

 

 

 

 

 

滝を眺めて更に車を走らせる

ついでにもういっちょ寄り道

 

 

築上郡築上町本庄にある

“本庄の楠”

 

こちらは幹周りが20.78mと大きい

平成13年の調査では全国4位の大きさとのこと

 

 

 

 

 

 

案内板に樹齢の正式な記載はないものの

神社が所蔵している

「大楠小楠宮社記(1699年)」によると

“景行天皇が九州平定の為、

京都郡御所ヶ谷に仮宮を造営する際

南へ三里の地に楠を1本植えた”と伝わる

 

それでいくと、樹齢は1900年

ただ、定かではないらしい

 

早くから中心部が空洞化しており

そんな空洞部分で明治時代に焚き火が引火

大半が消失した

 

その後、奇跡的に第一枝からよみがえり

現在の姿まで成長したのだそう

 

 

へこたれません!

 

そんな楠を裏手から激写!!

 

 

 

 

 

 

ステキよっ!

 

 

もう少し進むと

“旧蔵内邸”というところも

 

資料館で時間を使い過ぎ

見学時間が終了間近

また今度だな

 

 

 

今回は史跡巡りでお腹いっぱい

 

特に「修験道」の世界観が難しく

理解が大変だ

だからこその修験だったのだろう

 

明治に入り理解しようとしていたことを

やめざるを得なかった当時の山伏達は

一体どう感じていただろうか

 

 

次はどの山にしましょうかね

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です