大平山・安見ヶ城山を歩く

 

 

2018.02.24(sat)

福岡県朝倉市

 

 

〜大平山・安見ヶ城山を歩く〜

 

 

 

週末は土曜のみ天気が良いようだ、と

「いつか行こう」と思っていた山へ

お初の歩き

 

木道を歩いて山頂に着く感じがいいな〜

プチ大山か?シメシメ

と思いつつスルーしていたが

やっとですよ!

 

 

甘木公園入口の駐車場を右手に見て

少し進むと「大平山登山口コチラ」の看板

 

中学校がお隣なので

若人の往来に注意し車を停める

 

 

 

 

 

 

スポドリを用意し忘れ

お手洗いと自販機を探してウロウロ

 

お手洗いは要所要所に設けてあるが

あるであろう自販機を探すのに手間取った

 

 

8:50

公園内のちびっこ遊具ゾーンから

登山口へ向かう

 

 

 

 

 

 

遊具ゾーン上のお手洗いを正面に見て

左にある登山口の看板を上がっていく

 

 

 

 

 

 

登山道はほぼ遊歩道

どなたでも歩けると思われる

 

 

 

 

 

 

9:01

展望台

 

 

 

 

 

 

まだまだ高度が低く

朝倉の街並が近い

 

 

 

 

 

 

登山道に復帰

ちょこちょこと標識が設置されているし

何より、この登山道を見失うことはない

 

 

 

 

 

 

右手にたまに現れるのは

“旧登山道”

いわゆる直登ルートとお見受けする

 

 

ワタシの好みとしてはこちらだが

まずは現行の本ルートで歩く

 

 

 

 

 

 

くねくねと歩き…

 

 

9:39

大平山 山頂

標高 315m

(こっそり影ハチ)

 

 

 

 

 

 

立派な展望台があり

先客がストレッチしていた

足をビヨーンと。

 

 

 

 

 

 

霞んでいるけれど

正面には耳納連山(みのうれんざん)

 

 

 

 

 

 

少ししか歩いていないので

空腹にならない

胃袋の調整を誤ったようだ

 

先に安見ヶ城山へ向かおう

 

 

 

 

 

 

そうそう!

この木道!

 

あ、下りも木道なのね

 

 

 

 

 

 

今度こそ!

この木道!

 

 

標識のない分岐もあるけれど

トレースに沿って真っ直ぐ進めば問題無し

木道の手前くらいから標識も出てくる

 

 

 

 

 

 

最後だけちょいと斜面

 

 

 

 

 

 

9:56

安見ヶ城山 山頂

標高 299m

 

 

 

 

 

 

他県も同様なのか、知識が乏しいが

福岡県内の里山は

“元・山城”が多いように感じる

この安見ヶ城山も秋月氏の山城だったらしい

 

 

戦国時代、

豊後(大分県)の大友宗麟は

落城した古処山城(古処山の山頂付近)から

更にこの山城にも陣を張ったそう

 

その後、秋月氏は地の利を活かし夜襲をかけ

大友軍を筑後へ退却させるに至る

 

 

戦場だったと思うと…

ノホホンと歩いていいもんかね?

 

 

 

 

 

 

案内板左横から古処山・屏山・馬見山方面

 

 

こんなに山でモリモリなのに

どうやって戦うのさ

スゴいな

 

 

 

 

 

 

反対側には先ほどまで居た大平山

 

さて。

やっぱり空腹ではないけれど

大平山からの景色を楽しみつつ

ご飯にしましょう

 

 

 

 

 

 

山頂展望台から少し離れた所にも

休憩スペースがある

 

 

甘木公園自体が桜の名所でもあるので

この辺りも美しいのだろう

 

 

 

 

 

 

展望台はオジサマ方がわいわい

ワタシは横っちょのベンチへ

 

顔面に紫外線の直撃を受けながら

おにぎり・唐揚げ・お味噌汁を食す

 

 

 

 

 

 

空腹ではないなどと言いながら

食後はブラックサンダーきなこ味を食す

 

しかもコーヒーにはミルク入り

 

 

 

 

 

 

本来なら昼寝するトコなのだが…

 

 

11:00

よし!

今回は下山後にもう一カ所行きたい所がある

よって、下山開始!

 

 

下山は”旧登山道”をチョイス

 

 

 

 

 

 

やっぱり

この山道の感じの方が歩き易いな〜

 

植生も楽しい

歩くならコチラですな

 

 

 

 

 

 

ちなみに

登りの際、このプレートに出くわす

 

 

 

 

 

 

この”旧登山道”にも

 

 

No.2セクションとなっているが

No.1は中学校のグランド側に下りる

 

休みの日ならいいかもしれないが

少年達の部活中であろう声が聞こえていたので

控えてみた

 

 

 

 

 

 

11:35

下山完了

元のちびっこ遊具ゾーンに戻ってきた

 

 

 

 

 

 

公園内はジョギングコースがあったり

釣りをしている人がいたり

小規模ながらアスレチックがあったり

噴水があったり…

 

と、ご家族連れにピッタリである

 

 

 

 

 

 

ロンTを着替え

日焼け止めだけでも塗り直す

 

 

そして

やってきた

 

もう一カ所の気になっていた所

“大刀洗平和記念館”

(たちあらい)

 

 

 

 

 

 

この辺りを通る際

いつも早朝だったり

夕方だったり

夜だったり、で機会がなかった

 

意を決しての来館である

 

 

入館料500円

館内の写真撮影は禁止

撮影していいのは零戦のみ

 

 

機体だけ見ると

美しく見える

 

 

 

 

 

 

 

天井部において映り込んでいるのは

アメリカのB-29の実寸大を象った展示物

 

 

大きい

 

 

こんなのが編隊組んで来たら…

 

 

でも来た

爆撃し大刀洗地区を壊滅に追い込んだ

 

 

 

 

 

 

真上から見えるようにしている

 

零戦は他の機と比較すると

視界がよかったらしいのだが

ワタシにはとてもそんな風には見えないし

照準器も「小っさ」と思ってしまった

男性が乗ればギュウギュウなのだろうし…

これで飛び、戦う…

過酷の一言

 

 

 

 

 

 

また、撮影禁止だが

“九七式戦闘機”も展示されている

世界で唯一現存している機だそうだ

特攻隊員の写真や遺書も多く展示されている

 

 

 

祖父母や両親から

「昔、大刀洗には飛行場があった」

と聞いて、知ってはいた

 

しかし

旧日本陸軍が「東洋一」と誇った

西日本の航空拠点であり

日本最大規模の飛行場であり

訓練所だったなんて知らなかった

 

 

鹿児島の知覧基地はこちらの分校にあたり

大刀洗が本校

 

 

特攻についても

知覧や沖縄からの出撃、と真っ先に浮かぶが

大刀洗からも出撃していた

 

福岡県に生まれ育ったが

社会科の授業で聞いたことがない

(と思う)

 

 

 

館内の展示を拝見していると

展示物は私物や軍からの支給品である

 

 

驚くべきは

自害用の小刀が”支給品”だったこと

 

戦闘機や魚雷だけでなく

機雷まで人が入る仕様のものがあったこと

 

 

 

自分が見たくて行ったのに

とても苦しかった

息ができなくなる瞬間が何度もあった

(それは花粉とPM2.5のせいかも知れない)

 

でも

行って良かった、と思う

 

過去の戦争と現在の戦争

何か違うのだろうか…

 

哀しみやら怒りやら

複雑な想いを抱え

記念館を後にした

 

 

 

はい!

 

 

気持ちを切り替えて

何か食べよう!

 

 

 

記念館に置いてあった

大刀洗のランチマップを見て買い出し

 

 

「たまごらんど」さんでコッコシューを

 

 

 

 

 

 

「ベイカーズサイン」でサンドランチBOXを

 

 

 

 

 

 

近くの公園で食べよう

と言うことで「城山公園」へ

 

 

 

 

 

 

左  サンドランチBOX

右  コッコシュー

 

 

 

 

 

 

ウマーーーーーーイ!!

 

 

サンドは色んなサンド4種類入り

コッコシューは注文してから

クリームを入れてくれるから外側サクサク

クリームは3種類から選べるのだが

養鶏場直営なので、もちろんカスタード

甘過ぎず卵の味がして美味

 

 

公園には大きな干潟がある

散策路もあり

途中には古墳もある

(行ってないけど)

 

 

 

 

 

 

はー

 

食べたー

 

青空がステキだー

 

 

 

 

 

 

歩いたり学んだり食べたり

色んな感情ごちゃまぜの1日だった

そんな日もあってよし

 

次はどの山にしましょうかね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です