英彦山を歩く

 

 

2017.12.23(sat)

福岡県田川郡添田町

大分県中津市山国町

 

〜英彦山を歩く〜

 

 

 

ソロ山行の登り納めはまだだけれど

友と歩く山行としては

登り納めにあたる山行にレッツゴー

 

比較的近場で雪が溶けてなかったらいいな、

な英彦山へゴー

 

別所駐車場に着いた時点で

既に9時半

 

「遅くなっちゃったな〜」

身支度してヘラヘラと二人で歩き始める

 

奉幣殿にやってくると

地元の山の会の皆さんが餅つきをやっていた

 

懐かしいな〜

餅米の良い香り

 

 

 

 

 

参道登りでアップ終了

再び身支度し南岳へのルートへ進む

 

雪が残っていれば正面登山道から中岳へ向かい

北岳へ下山する予定だった

雪がないのでスポット巡りに変更!

 

 

 

 

 

まずは”虚空蔵”へ寄り道

100mの石段と斜面を登ってゆく

 

 

 

 

“虚空蔵”

 

 

 

 

虚空蔵の横には巨大な岩

 

大きさ比較として友に撮ってもらった

1個が大っきいな〜

はぁ〜

 

 

 

 

 

 

ついでに悪ふざけもしてみる

 

“天空の城ラピュタ”出てくるような

「岩に蔦」シチュエーションよろしく、

 

 

「あぁーーーーーーーーーーー!」

「落ちるぅーーーーーーーーー!」

 

な感じ

 

 

 

 

 

 

更に双子の岩の奥にあるトレースを進んでみる

 

岩にヨジヨジし友と撮り合う

気が済んだら登山道に復帰

 

英彦山はどのルートの登山道も

厳かな雰囲気を纏っている

そんな所が好きだったり怖かったりする

 

 

 

 

 

続いて

“梵字岩”へ寄り道

 

 

 

 

 

 

木段を登ってゆく

 

ちらほら雪が残っている

 

梵字が3つ

 

 

釈迦如来を表す梵字の上に立派なスズメバチの巣

少し凹んでいる所に作られていて

良い所にお住まいだと思う

 

 

 

 

 

 

どうやってあの場所に?

どうやってあんなに美しく掘る?

 

友と談義

 

 

堪能したら登山道に復帰

 

玉屋神社上に出る玉屋口への道を少しだけ歩く

が、

寄り道し過ぎを反省し引き返したりなんかして…

 

 

 

 

 

 

さてさて

 

お腹も減ってきたことだし

南岳を目指す

 

ここからはお馴染みのルートをゆく

 

 

 

 

 

 

“材木岩”

 

こんなに柱状の岩が密集しているのは

不思議な光景だ

 

 

 

 

 

 

斜面を登って、登って

南岳が近づいてくる

 

雪が増えてくる

 

 

 

 

 

 

 

14:04

南岳 山頂

 

すっかり遅くなっちゃったー

暑かったー

汗だくだー

 

 

 

 

 

雪の上をシャクシャクと歩き

中岳へ移動

 

 

 

 

 

中岳の英彦山神宮から南岳を振り返る

綺麗だなー

 

 

 

 

 

 

お腹減った!!

 

今回は鍋

 

中華スープの素でグツグツ

美味である

 

 

 

 

 

 

キムチ鍋の素を加え味をチェンジ

 

野菜や肉を食したら

〆はチャンポン麺

あったまるぅ

 

 

 

 

 

 

食後、友がスイーツを取り出した

誕生日月のワタシにサプライズ

 

クリスマスも近いと言う事で

サンタ付きのフルーツプリン!!

ほかほかのほうじ茶ラテと共に

「 いただきます! 」

友よ ありがとう♪

 

 

 

 

 

 

はぁ〜

 

平和だ〜

 

夕方になっているというのに居座る

 

 

 

 

 

 

 

友がダルマを製造

 

命名 ”彦ダルマ”

 

手袋はこれまた友からのプレゼント

密かに話題らしい「テムレス」

 

 

作業用の手袋らしいが

内側はモフモフ

外側がゴム素材だから風も通さず

あったかい

鉄人28号カラーである

 

 

雪ダルさんを製造しても手袋が濡れない

ステキだ

 

 

 

 

 

 

いよいよ夕方

下山しなくては

 

正面登山道を一気に下る

 

 

 

 

 

西陽を受け

山の表情が変わってゆく

この雰囲気も好きだー

 

 

 

 

 

 

影絵のよう

 

 

 

 

 

 

 

太陽がいなくなった17時過ぎ

 

ヘッデンを付けなくても大丈夫な明るさの内に

駐車場に戻る

 

 

遅い下山にはなってしまったけれど

寄り道満載で楽しかった

 

 

改めて

「友よ ありがとう」

 

次はどの山にしましょうかね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です