“トレッキングポール”ヲ入手ス

 

 

2017.12.16(sat)

“トレッキングポール”ヲ入手ス

 

 

気まぐれに

「トレッキングポールってどうだろね」

とググってみた

 

 

普段の山行で

“ポールが欲しぃ”、”ポールが要るぅ”

と感じたことはなく

“雑なワタシには要らんものだな”

と断じてきたし

これまでフリーハンドで生きてきた

 

 

使うと緊張し

無駄に広背筋や前腕部が

筋肉痛になりそうな気すらする

唯一欲しいと思う瞬間は

登山道に女郎蜘蛛のトラップがある時

 

「こんな時、ポールがあれば綿飴グルグルなのにっ」

と。

 

 

ともあれ、ググってみた

テン泊や冬山で使ってみよう!

 

 

普通に検討すれば

LEKI、Blackdiamond、シナノあたりなのだと思う

 

しかし

「使わないかもしれない」

「使いこなせないかもしれない」

という石橋を叩き割る勢いで思考を巡らせた結果

 

安価で、軽く、

とりあえず使ってみるには良さそうな

 

 

SGマークを取得している

” DABADA “

に決定

 

 

だって、

スノーバスケットがおまけで付いて3,000円って!!

どういうことなのさっ

 

 

 

 

 

 

ダバダと聞くと、ダバダ〜♪

とコーヒーしか思い浮かばないけども

 

 

折り畳みタイプもあったのだが

昔ながらのスクリュータイプ

 

伸ばして体重をかけてみたけど

引っ込んだりしなかった

振動で緩むだろうが

どれくらいの頻度でそれが起こるかは

山行で投入するまでは分からないので

様子見だ

 

 

カーボン製(5,000円)にしたかったが品切れ

入手したものはアルミ製だが

230g/1本(3段式)なら特別重くはない

 

カラーはシルバーにしたが

赤・水色・ピンクがあった

赤もよかったかもしれない

 

収納サイズは約56㎝

最長で約120㎝

 

好みの見た目か?と問われればノーだが

それは別に気にしない

 

 

さて

付属品を見てみよー

 

通常のバスケットは標準で付いてきた

ケースは540円だったので併せて入手してみた

 

 

 

 

 

 

先端部

 

キャップはねじ込み式

付けたとしても簡単には落っこちなさそう

 

3段式の最下部を伸ばすとアンチショックが作動する

 

 

 

 

 

 

グリップ

 

コルクとゴムみたいな素材

ストラップは調整できる

 

 

 

 

 

 

さーワタシよ、使うのか?

 

使わねばならぬぞ?

 

 

そんなことをキャベツ太郎を食べながら

グルグル考える土曜の午後

 

オツである

 

 

雪山の時期であるし

デビューは間近だーーー

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です