四王寺山を歩く

 

 

2017.12.09(sat)

福岡県太宰府市、大野城市、糟屋郡宇美町

 

〜四王寺山を歩く〜

岩屋山・大城山・大原山・水瓶山

 

 

 

6時に起床してみる

曇天だ

 

そのまま起きて行動開始すればよいものを

もう一度寝てみる

 

 

結果、9時前に起床

その後もダラダラと支度

お昼前にようやく

太宰府市は西鉄都府楼駅近く

“大宰府政庁跡”に到着

 

 

 

 

 

 

太宰府市と言えば”太宰府天満宮”

県外の方でもご存知であろう

 

菅原道真公を祀る天満宮なのであるが

その他にも史跡がてんこ盛りの土地柄でもある

 

 

7世紀には筑紫大宰が置かれ

(つくしのおおみこともちのつかさ……長っ!)

その後、菅原道真公が左遷されてくる

 

 

 

 

 

 

四王寺山は

おおむね大城山を指しているようだが

岩屋山・大城山・大原山・水瓶山

の4座の総称とする場合も

 

そんな史跡を纏った四王寺山を周回する

 

 

11:45

政庁跡の左手の道を山に向かって進む

 

坂本八幡宮横を右に折れ

テニスコート手前を左に折れた先が入口だ

 

お手洗いもあって至れり尽くせり

メタセコイアの色合いが和む

 

 

 

 

 

 

遊歩道を道なりに歩いて行くと

突き当たり、

「眺望の森」と「岩屋城址」のルートに分かれる

 

ここから”登山道”といった雰囲気だ

 

 

 

 

 

 

12:30

高橋紹運公と家来衆のお墓

 

 

16世紀

九州制覇を目論み薩摩藩が攻撃してくる

 

大群に囲まれ篭城するも

豊臣秀吉の援軍が到着する前に自害

全員討死

 

 

攻略に時間を要し過ぎ、

薩摩藩は撤退するのだが

その撤退を目にすることなく亡くなっている

 

結果的に

岩屋城が薩摩藩の九州制覇を阻んだことになる

もし、

落城していたらどうなっていたのだろう???

 

お墓が家来衆と一緒、というのが泣けてくる

 

 

 

 

 

 

お墓を後にし歩を進める

車道に出てすぐ、左手の登山道へ復帰

 

 

 

 

 

 

 

12:36

岩屋山 山頂

標高 281m

 

 

 

 

 

 

左端の青い屋根は九州国立博物館だ

大っきいな〜

 

 

 

 

 

 

 

12:48

馬攻め

 

 

 

 

 

 

12:52

増長天礎石群

 

増長天の他にも広目天、持国天、毘沙門天の

四天王の名の区域がある

その1つだ

 

 

 

 

 

鏡ヶ池はどんな渇水期でも枯れない…

大野城の井戸ではないか…

とも考えられているらしい

 

 

 

 

 

 

大原山への分岐とは逆側へ進む

標識には大原山の方向しか出ていないので

気をつける

 

山肌をテクテク行くと

“創造の森展望台”

 

宝満山や基山・天拝山などが一望

その奥に久住連山が薄ら見える

 

 

 

 

 

 

13:22

毘沙門堂

 

山にお邪魔していることのご挨拶でお参り

 

 

 

 

 

 

 

毘沙門堂の左手に山頂

 

 

大城山 山頂

標高 410m

 

 

 

 

 

 

毘沙門堂から音楽堂方面に下っていく

音楽堂の垣根のオレンジが綺麗

 

 

 

 

 

 

誰もいないステージに向かって座り

おにぎりをモグモグ

山専のホッカホカの湯でお茶

 

 

 

 

 

 

さーてと

 

百間石垣に向かって高度をさげていく

 

 

 

 

 

 

14:00

百間石垣

 

石垣の上を歩いて下り

正面に回り込んでいく

 

 

 

 

 

 

 

車道を少し下り

右手の県民の森に入っていく

 

 

 

 

 

 

またまたメタセコイア

和みますな〜

 

しばし佇む…

 

っ?!

 

あ、忘れてた行かなくちゃ

 

 

 

 

 

 

メタセコイアの道の途中

「至勝田」の看板から登山道に復帰

 

少しだけ斜面を登ると再び看板

何にも書いてないがここを右にとる

 

 

 

 

 

 

14:47

大原山 山頂

標高 355m

 

ライトシェルの下に風を通すべく

水分補給しつつロンT1枚で涼む

 

ふぅぃ〜

 

 

 

 

 

 

水瓶山へ向かう

下山が近づいてきた

 

 

“遠見所”で展望を楽しむ

 

 

 

 

 

 

 

15:07

水瓶山分岐

 

分岐の上にある焼米ヶ原東端へ寄り道

ここはお手洗いもあるので

増長天礎石群から大原山への分岐へ進み

ショートカットでここへくるのも楽しいと思う

ピクニックに良いだろう

 

 

 

 

 

 

散策したら分岐を下る

 

ここからは大きな標識の数が減り

小さな黄色い看板に変わる

 

「西鉄太宰府駅」方面へ下っていく

 

 

 

 

 

 

 

15:22

水瓶山 山頂

標高 212m

 

雨乞いが行われていた場所

 

 

 

 

 

 

この社の中に安置されているのか

石の”正平八年銘法華曼荼羅板碑”

があるとのこと

 

劣化しているようで

少しずつ文字の判別ができにくくなっているらしい

 

 

 

さー

いよいよ下山開始

 

 

西鉄太宰府駅へくだり

政庁跡に戻る

 

太宰府駅まで行けば

焼き立ての梅ヶ枝餅が食べられるしっ!!

 

 

 

 

 

 

黒岩稲荷神社

小さな社だが中には岩がドーンとある

 

 

 

 

 

 

稲荷神社を過ぎると住宅地に入る

住宅地の要所要所に標識

 

 

 

 

 

 

太宰府市の紋が梅なので

ご当地マンホールも梅の柄

 

ステキー

「おすい」とあるのがクスっとくるけども

 

 

 

 

 

 

15:45

西鉄太宰府駅

 

観光客がいっぱい

 

久しぶりに天満宮に寄ろうかと思ったが

やめておく

餅が先だ!

 

 

 

 

 

 

政庁跡に戻りつつ

道すがらのお店で餅!

 

 

 

 

 

 

焼き立てじゃなかったけど

それでもホカホカ

 

天満宮の中やもっと近くのお店なら

焼き立てだったな〜

あー、でも、美味しー

 

 

 

 

 

 

曇天でも楽しめる里山史跡巡り

寒過ぎずに丁度良かった

 

政庁跡に戻る間も

“観世音寺”や”戒壇院”など見所いっぱい

 

また散策だけに来ても良いな〜

 

次はどの山にしましょうかね

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です