雲仙岳を歩く〜妙見岳・国見岳・普賢岳 縦走(下)〜

 

 

2017.11.12.02(sat)

長崎県雲仙市

 

〜雲仙岳を歩く(妙見岳・国見岳・普賢岳 縦走) 下〜

 

 

立岩の峰で景色を堪能

深呼吸して普賢岳を目指す

 

途中の日陰には可愛い霧氷

 

 

 

 

 

そんな霧氷をもっと!

ということで普賢岳へ行く前に

平成新山と普賢岳の谷間

“霧氷沢”へ

 

 

 

 

 

 

ここだけ別世界

 

 

 

 

 

 

静かで穏やか

 

 

 

 

 

 

寝転がりたい衝動に駆られる

 

 

 

 

 

 

人の足音と声にふと我に返る

そうだった

普賢岳だ

 

 

 

 

 

 

霧氷沢から出ると

陽光の世界に戻る

 

さぁ行こう

 

 

 

 

 

 

普賢岳直下には普賢神社

 

1990年に始まった火山活動で被害を受け

火山灰に埋もれた神社をこちらに再建したもの

 

 

 

 

 

 

13:01

普賢岳 山頂

標高 1359m

 

奥には平成新山

標高は1483m

 

 

火山活動により普賢岳を追い越し

最高峰になった

山頂からはまだ少し噴煙が出ている

 

登ってくる道中も

登山道に開いた穴から吹き出していた

手をかざすとあったかい

 

 

 

 

 

 

よくよく思えば

山頂標識が石造りというのは珍しいような…

 

 

 

 

 

 

目の前に平成新山

 

 

 

 

 

 

左の筒状の碑は

秩父宮殿下登山碑

 

 

 

 

 

 

山頂から仁田峠方面

 

 

 

 

 

 

 

13:22

下山開始

 

下山は紅葉茶屋を通過するルート

 

 

 

 

 

 

国見岳から普賢岳への鬼人谷とは全く異なる

穏やかな登山道をテクテクゆく

 

 

 

 

 

 

“あざみ谷”を通過

 

 

 

 

 

 

 

ロープウェイ駅横の普賢神社に戻ってきた

 

14:13

下山完了

 

 

 

 

 

 

山の中腹にある

雲仙地獄の日帰り湯でひとっ風呂

 

 

帰り道、国道57号線沿いにある

「直撃販売所」

寄り道がてら直撃してみる

 

 

 

 

 

 

時間的に残っている種類が少なくなっていたが

ちょっとだけお買い物

 

お隣にカフェもあった

 

 

 

 

 

 

またまた寄り道

太陽が沈んでゆく

 

 

 

 

 

 

 

太陽の沈み具合から

「もしや、大村湾PAで休憩すれば

よい空の色に出会えるのでは…」

とまたまたまた寄り道

 

空腹だったのでうどんを食していると

良い色の時間を過ぎてしまうという失態

 

 

 

 

 

 

ここはPAであると同時に

“恋人の聖地”でもあるらしい

いっぱいあるのね、聖地って

 

 

 

 

 

 

青空に恵まれた良い山行だった

 

あたたかな1日だったけれど

これからは冬仕様に近づけよう

 

今回のルート上でも日陰は地面が凍っていたし

立派な霜柱もできていた

 

アイゼンをスタンバイだな

 

 

 

次はどの山にしましょうかね

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です