五家荘〜国見岳を歩く(上)〜

 

 

2017.11.03(fri)

熊本県八代市・宮崎県椎葉村

 

五家荘〜国見岳を歩く(上)〜

(熊本県最高峰)

 

 

 

三連休ー!

さんれんきゅー!!

サンレンキュー!!!

 

 

と、言う訳で福岡からは少し距離のある

五家荘に行ってみることにした

お天気もまずまずの様子

 

 

前日の勤務終了後、バタバタと用意をして出発

夜中に”道の駅美里”に到着

車中泊だ

 

 

ココ2週間程

仕事がバタバタと立て込んでいたため

クッタクタだった

 

 

だからだーーーー!

 

寝坊したーーーー!

 

 

起きたら既に7時

 

 

本当は6時前には道の駅を出発・移動し

とっとと歩き始めるつもりだったのに…

縦走しようと思っていたのに…

 

 

………ま、しゃーないな

国見岳を堪能しよう

じゃ、もう急ぐ必要すらない

と開き直る

 

 

道の駅美里は「佐俣の湯」という温泉も併設している

下山後に入りに来よう

 

 

 

 

登山口のある五家荘へは

1時間半ほどの道のり

 

いざ

 

 

 

クネクネクネクネと国道をひた走る

 

 

8:10

二本杉展望所

 

 

 

 

 

 

熊本県側を望むことができる

 

 

 

 

 

 

展望所を過ぎると五家荘エリアの入り口だ

 

この先はクネクネ度が増し

石や岩、枝などが道路に散乱

走りにくさに拍車がかかる

 

しかし、行くのだー!

 

 

 

 

 

 

こんな大きな道もあり

路肩に車を寄せ紅葉を楽しむこともできる

(寝坊したからしない。完全に縦走に遅刻だ)

 

奥まった場所ではあるが

標識が要所要所にあるので酷く迷うことはないと思われる

 

 

 

 

 

 

9:30

烏帽子岳登山口付近

駐車スペースに到着

 

五家荘エリアに入ると観光スポット以外にお手洗いはない

先に済ませておくか

「野生の解放」かのどちらかだ

 

 

急いで足元を山仕様にして出発

 

 

 

9:39

国見岳登山口入口を通過

 

 

 

 

 

 

登山口までは淡い紅葉を愛でつつ

作業道をのんびり進む

 

 

 

 

 

 

「国見岳登山口」

この看板は旧登山口の看板であり

崩壊箇所があるので新登山口を利用するよう書いてある

 

まかしとけ!

スルーするよ!

 

 

 

 

 

 

9:52

「国見岳新登山口」

 

さ、斜面を進みますよ

 

 

 

 

 

 

 

10:18

旧登山口との合流地点

 

お天気だと

まだまだ長袖一枚で十分だなー

 

 

 

 

 

 

少しずつ、木々の色が変わってくる

 

 

 

 

 

 

 

ちびこい秋、見つけた

落ちている葉だと思ったら

 

生えてた

 

 

 

 

 

 

山中の美しさに思わずニヤける

 

 

 

 

 

 

 

シャクナゲの木も沢山ある

シャクナゲの季節に縦走しに来よう

寝坊に気をつけよう

 

 

 

 

 

 

山々も紅葉

台風のせいか、葉が落ちてしまっている木も多い様子

 

 

 

 

 

 

山吹色が迫ってくる

 

 

 

 

 

 

 

ニヤけ笑いが止まらない

登山口の車も4・5台だったので無理もないが

全っっく、人とすれ違わない

 

とっても静か

嬉しい

 

 

 

 

 

 

登山道はさつまいもカラー

 

「さつまいもカラーだと思うと

更に秋っぽく感じるや〜ん」とまたニヤける

 

が、

そんな女は気持ち悪さ100%

 

 

 

 

 

 

倒木が多く

跨いだり、乗っかったりしつつ進む

中には「いつからココに横たわっているんだろう」

と思うような古そうな倒木もある

 

 

 

 

 

 

 

10:55

“ヒメシャラ8兄弟”到着

 

パッと見は8本もないのだが…

 

 

 

 

 

 

ヒメシャラ8兄弟をパチリ、

と撮った後にふと横を見ると

キノコ

 

 

 

 

 

 

きれいな赤オレンジ

 

今回はこの木の葉の色が一番好きだった

 

 

 

 

 

 

 

美しい山中が続き

美術館にいるような気すらしてくる

贅沢だな〜

 

 

 

 

 

 

11:12

“国見岳はこっちだよ〜”の看板

 

「お気をつけて」と書いてくださっている

ありがごうございます

 

 

 

 

 

 

ここを通過すると山頂はもうすぐ。

もう30〜40分程、楽しんで歩こ

 

 

(下)につづく

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です