馬見山を歩く

 

 

2017.10.29(sun)

福岡県嘉麻市・朝倉市

 

〜馬見山を歩く 嘉麻アルプス〜

 

 

台風らしい。

前日の土曜日は大人しく見守った

お家でジーーーっと見守った

日曜日もジーーーっと見守る気はない

 

午後からは曇りの予報

ちょっとくらい身体を動かしたい

少しくらい色がついた葉っぱも観たい

 

という訳で

馬見山へ行く

 

 

リンゴの果樹園を両脇に見ながら

山道を少しだけ進む

 

馬見山キャンプ村の看板の横に

登山口の看板が出ている

それに従って進むのだ

 

 

11:20

駐車場に到着

軽自動車なら4台程停められる

 

雨がおさまるのを待っていたら

すっかり遅くなった

 

 

 

 

 

駐車場の看板のすぐ先に

登山口の看板

新しいが味のあるフォントで好きだ

 

 

 

 

 

徒渉する沢が増水していたら

歩くのをやめようと思っていたが

大丈夫みたい

進もう

 

 

 

 

ガッスガスだが

好きな雰囲気だ〜

 

 

 

 

 

11:39

「 風穴 」

 

二つ並んだ岩の隙間に穴がある

覗いてみたが暗くて見えない

携帯のライトも使ってみたが今ひとつ

 

 

 

 

 

11:49

「 寄添い石 」

 

夫婦で、というより

家族で寄り添っているような

巨石達

ずっと仲良くね

 

 

 

 

作業道出合い

きちんと標識を設置してくださっているし

トレースもしっかりしているので

迷わない(迷いにくい)

 

ここを右にルートをとり20m程進むと

登山道に復帰する

 

 

 

 

 

登山道に復帰して10分程で

もう一度作業道に出る

ここは左にルートをとり、登る

 

 

 

 

 

左手に入ると登山道に復帰

復帰してすぐ右手にルート変更の地図

「鹿の食害で谷が崩壊している箇所があるため

ブナ尾根ルートはコッチだよ」の地図だ

 

良い子なので変更図の通りにゆく

 

 

 

 

 

尾根に出るとブナじゃなかった

ルートが微妙に変わっているので

途中までは「杉尾根ルート」だな

 

 

 

 

 

歩いていると

どエラいヤツが目に飛び込んでくる

 

 

 

 

 

キノコーーーーーーっ!!

 

超絶キノコーーーーーっ!!

 

 

 

 

 

 

手のひらサイズの

でっかいブルっブルのキノコ達

もう、キノコ過ぎて怖い

 

 

 

 

キノコの木を通過すると

途端に風が強くなる

葉っぱが顔面に当たる

 

 

12:43

ブナ林コース・御神所岩コースの分岐

 

風が強く

岩をヨジヨジするのは断念



 

 

 

 

12:55

馬見山 山頂

標高:977.8m

 

 

 

 

 

 

真っ白で風もボーボー

 

展望を楽しむのが無理なので

苔ワールドでも…

 

先っちょが赤い

 

 

 

 

ベンチが濡れているので

無印良品の”きなこ玉”を立ち食う

 

 

 

 

 

13:01

ぢゃ、下山しましょ

風はボーボーだが

せっかくなので「宇土浦越」方面へ周回しましょ

 

 

 

 

宇土浦越方面へルートをとると

北側に展望が開けている

 

 

 

 

 

 

本日はコレ

 

 

 

 

さ、行こー

 

宇土浦越まで1.8km

急斜面もあるので

ゆっくりゆっくり行こー

 

屏山まで続くこの自然遊歩道、

所々にベンチが設置されているので

お天気の日は色んな所でゆっくり休憩できる

 

 

 

 

 

13:39

宇土浦越

 

馬見山キャンプ村方向へ下る

 

 

 

 

そして、、、

スゴイのに出会った

登りでもブルブルな奴らと出合い、

あれが本日のMAXかと思いきや、、、

 

スッポンダケ!!!

 

(多分)

 

卵の殻付き!!!

 

 

 

 

 

最近はキノコ達に度肝を抜かれることが多い

ビックリしたぜ

あんな真っ白なのがニョキっと出てたら

そりゃ気づく

さ、落ち着いて

また下りますよ

 

 

 

 

 

登山道も遊歩道も総じて歩き易い

山の会やボランティアの皆さんが

力を尽くされた結果だ

ありがたし

 

 

作業道に出合ったらそのまま下る

すると

車道に出る

 

 

 

 

車道に出たら右へ

 

 

 

 

 

14:18

下山完了

 

 

駐車場もちゃんと看板がある

目の前には鮭の孵化場があった

 

 

 

 

麓には「馬見神社」がある

はっきりと創立は分かっていないが

由緒書きによると3000年前

スゴいな

 

 

 

 

三段構えの鳥居

本殿までは行かなかったけれど

奥に続いている模様

 

 

 

 

嘉麻の道の駅うすいでしばし休憩

登山前後のお手洗いは

ここで済ませると良いと思われる

 

 

うどんを食べて帰りたかったが

もう閉まってた〜

 

パン屋さんもある

時間的にこちらも品薄になってた〜

 

ケーキ屋さんもある

シュークリームが美味しそうだった

 

道の駅内は刺身盛が1,100円などなど

お魚が安くて意外。

保冷バッグ持ってこなかったのでお預けだ

 

 

 

 

ガスガスだったが

アトラクションてんこ盛りの山行だった

 

いや〜、楽しかった

 

 

次はどの山にしましょうかね

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です