飯盛山を歩く

 

2017.04.02(sun)

福岡県福岡市西区

 

飯盛山を歩く

 

 

起きては天気チェック

雨であることを確認してはまた寝る

…を3度繰り返し

4度目で”晴れ”を確認

起床!

「こんな時間だよー」

とブツブツ

お天気も晴れたり曇ったりの様子

近場の山に行くことにした

 

セブンイレブンで山ラーメンを調達

飯盛神社駐車場へ車を置く

飯盛神社からスタート

 

 

創建は西暦859年

人生全ての良縁を祈る

むすびの神社

と言われている

飯盛神社は

早良平野の西に位置しており

山頂を上宮、

山全体をご神体とし

中世・近世において早良一円に

山岳信仰圏を有していたのだそうな

 

何事も”縁”は大事だ

これまでのご縁・これからのご縁

ワタシにも繋がるご縁はあるだろうか

まずは

今回も怪我のない山行ができるように…

と参拝し歩き出す

敷地内には立派なナギの木や夫婦杉が

 

10:40

神社を出る

しばらくは舗装路をテクテク

 

10:48

中宮に到着

再建が平成14年なのでとっても新しい

 

 

中宮の右脇に伸びる登山道をゆく

 

 

登山道の脇には白い花が群生

登山道は

岩岩しているように見えるが

大きな段差が少ないため歩き易い

 

傾斜もあるにはあるが

気にはならない

 

ユルユル登ってあと少し

下山中のオバサマとすれ違い

「誰ともすれ違わんやった。

貸し切りよ」

とお声がけいただく

 

11:30

飯盛山 山頂

標高 382.4m

 

 

山頂看板が3つもある

“山頂愛”が過ぎますぞ

 

ここから叶岳方面に縦走できる

 

 

展望は木々の間からどうぞ

 

11:35

お腹を空かす間もなく到着したため

下山開始

 

 

下山路も快適である

行きでは山頂へ行くため直進したが

右方向をとり、下山は違うルート

 

すぐに遊歩道に出る

 

11:53

山頂よりも開けた

“百貫石”に出る

 

 

 

お昼にしよう

本日も山ラーメンが美味である

セブンイレブンの生姜タンメン

乾燥レンコン・茄子が入っていて

なかなかよろしい

 

 

晴れたり曇ったりを繰り返している

雲の流れが速い

俊足である

…などとボーッと考える

 

 

 

 

眠くなってきた

帰ろ

 

 

12:40

再び下山開始

4分程歩くと中宮跡に到着

 

 

整備された階段が続く

現・中宮が見えてきた

 

 

 

磐座(いわくら)

という巨岩が祀られている

この山は

見所が看板なく突然現れるので

注意されたし

 

 

中宮の裏手から下山することになる

 

 

桜も咲きかけているけれど

開いた花が風で散ってゆく

儚いなー

キレイだなー

 

 

さて中宮も参拝せねば

 

 

 

この狛犬が可愛いのだ

赤ちゃん狛犬を抱いている

赤子は母の顔を見、

母は微笑んでいる

赤子ながら既に驚きの巻き毛である

 

 

なんだかホッコリするぢゃない

ありがとう

中宮

 

中宮を出ると

舗装路脇に広場がある

ブランコ発見

子供一人で乗れない椅子の高さなのが

ツボである

 

 

 

13:01

神社本殿まで戻る

10月には流鏑馬が行われるこの神社

本殿横に流鏑馬の銅像がある

小さな銅像だが躍動感があった

 

 

小さな山だが見所の多い山

職場ではカレンダーが4月になっても

4月を、春を、季節を感じることはない

 

山に向かい

山を歩き

山から帰る

その最中に季節を感じる

春だな、と。

今日の山行に

飯盛山を選んで良かった

なんとなく そう思う

 

 

次はどの山にしましょうかね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です