笠置山を歩く

 

2017.03.26(sun)

福岡県宮若市

 

笠置山を歩く

 

 

朝起きると天気が良かった

早々に洗濯など面倒なことを済ませ

山へ出発

トゥットゥルー♪

ご機嫌である

千石峡キャンプ場の駐車場に入る

車を置かせていただく

ひとっこ一人いない

少し手前の別の登山口がある公園にも

公園整備の方々の車両しかなかった

「こりゃ貸し切りだな」

とニヤリ

 

 

9:34

千石峡キャンプ場スタート

 

橋を渡って少しだけ右手へ進むと

「登山口」とはどこにも書いていない

「笠置山」とだけある、

小さな登山口

 

 

竹林の中を気持ちよく歩く

幅は狭いが、しっかりとしたトレース

登山道の脇からは

ゲコゲコとカエルの鳴き声も

 

この赤ベタ白抜きの看板

「笠置山山道」

要所要所にあるため

迷いにくいと思われる

「笠置山”登”山道」

ではない所がツボである

 

山肌歩きに変わる頃

前方から小さな足音が!

正面から走ってくる!

あわや正面衝突

イタチはワタシの手前3m程で

山側に沿いすれ違って行った

走り方が可愛らしく

あまりにも無防備なすれ違いに

ひとり笑ってしまった

少ーしずつ高度が上がる度

植生が変わって面白い

 

山肌を歩き始めてから

ふと振り返る

ステキな景色だ

 

山肌歩きから再び山の中へ

樹々がカッコ良い

 

 

岩岩しているが歩き易い

 

 

 

緩やかな登りをゆくと

千石峡キャンプ場への尾根コースとの分岐

ちなみにワタシは谷コースでやって来た

 

山頂はもうすぐ

 

 

山頂に近づくと

登山道にウッドチップのような

破片が沢山落ちている

 

 

石の破片だ

手に取るとこんな感じ

軽くてすぐに割れる

模様はキレイ

 

最後に少しだけ登る

 

10:50

笠置山山頂

標高 425.1m

 

広い山頂

かつて山城だった場所である

 

かつての「笠木城址」の説明板と祠

築城年は明確に分かっていない

1568年以前には宗像氏により

築かれていたのだそうな

本丸・二の丸・三の丸とあり

幾重にも重なっていたとのこと

さーてと

この雰囲気を楽しみながら

昼食にしましょ

 

山ラーメンが美味である

 

 

そして

食後には”スポーツようかん”

普通の羊羹ほど甘くはない

(ような気がする)

しかし

いつもの駄菓子に勝てそうにない

チョコ味もあるようなので

今度はそちらを試してみたい

 

名残惜しいが帰らねばならんのぅ

 

 

11:55

下山開始

ステキな山頂であった

周回するため

下山は反対側へ歩き始める

 

傾斜が急だったりユルユルだったりと

変化が面白い

右手「幸袋方面・笠置橋」

左手「宮田方面・千石」

の分岐に到着

左へ進路を取る

樹々から「どうもー、またねー」

と言われてるような雰囲気

 

 

白いフリルを纏った木

何だかおしゃれ

 

再びの竹林歩きに

傾斜は急

竹をつかみながら下る

 

竹林を歩いていて初めて気づいた

竹の根っこがこんなだということを。

しっかりいっぱい伸びている

ちょっと怖い

 

竹林を抜け

民家を抜けると

471号線に出る

駐車場まで一般道を歩く

 

 

13:01

千石峡キャンプ場へ戻る

 

ソフトクリームが食べたいが

自宅からここまでで

売っているお店はなかった

ないと思うと食べたくなる

いや、我慢だ

大人だもの

 

次はどの山にしましょうかね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です