涌蓋山を歩く

 

2017.3.5(sun)

大分県玖珠郡九重・熊本県阿蘇郡小国

 

一目山〜ミソコブシ山〜涌蓋山を歩く

 

 

曇りの予報もなんのその

山歩きに出かける

寝坊がちなワタシは

やはり予定より30分程遅れ

登山口に到着

 

 

9:15

九重スキー場近くの登山口からスタート

 

曇りとはいえ、薄い青空も見え

気持ちがよい

どれだけ好きで欲していても

どうすることもできず

耐えるのみ、諦めるのみ

それは

ワタシに限らず

人生ではままあることだが

すり減りソールで歩き続けるのは危険

変えなければ

 

というわけで

今日はおろしたての登山靴で歩くのだ

“LA SPORTIVA”

TRANGO S EVO

 

所感は別途、記したいと思う

さ! 歩こう

登山道が空に向かってビューン

 

9:30

一目山山頂

標高 1287.4m

阿蘇方面のホワホワした煙は野焼きかなー?

そんな時期だなー

 

 

急坂を下り

ミソコブシ山を目指してゆく

 

青空が見れて嬉しい

右奥には今日の折り返し地点

涌蓋山が「おはよう」

思いがけない青空の下

テクテク歩く

 

エスエボでの歩き方を模索

ブツブツ……

ミソコブシ山の斜面が始まる

 

これまた

空に向かってビューン

10:29

ミソコブシ山

標高 1296m

 

 

寒くもなく

暑くもなく

清々しい

 

“青き衣”は着ていないが

気分はナウシカである

草原好きの友に見せてあげたい

 

気持ちのよい草原歩きを終えると

いよいよ涌蓋山の看板

木陰には残雪

再び緩やかに登りが始まる

一山越えて

あとちょっと

 

11:40

涌蓋山山頂

標高 1500m

曇天に早変わり

気温5℃

 

久住連山側を望む

曇天でも山が見えれば問題無し

今日はどうしても豚骨が食べたかった

 

 

食後のオヤツ

食べてばっか

 

あまり寒くなくてよかった

のんびりできるわい

と思ったら、雲行きが怪しい

 

 

12:30

撤収

 

下山は

草原歩きではなく

草原の下のミソコブシ山を

クルっと回り込むルートを歩いてみた

 

のんびり歩いていると

粉雪が降り出す

涌蓋山を振り返ると白く霞んでいる

 

一目山まで戻り

久住連山側を見やるが白い

 

14:34

雪が降る中、下山完了

しかしマズいな

このまま降るならマズい

ノーマルタイヤだから。

……

でもお風呂には入りたい

急げ!!

 

下山後

筋湯温泉に向けて

そそくさと発進

ほんの数分で到着

またまたそそくさと

着替えを持ってお風呂へ

筋湯温泉の足湯、

今日は誰も座っていない

 

 

さー

今日はうたせ湯にするか…

薬師湯が女性の日なら

薬師湯がいいけども…

(岩ん風呂と薬師湯は男女交代制)

ラッキーだ

薬師湯に「本日は女性専用」の札

決定

 

細い入り口に向かい

引き戸を開けると料金箱

お風呂代 300円

 

入ったら1人だったのでパチリ

うたせ湯も岩ん風呂もそうだが

石鹸やシャンプーなどはない

静かに入れる薬師湯がお気に入りである

 

登山口から上では雪が降っていたが

幸い、帰路では雨に変わる

コーヒーでも飲みながら帰りましょ

来週のお天気が気になるところ

できたらテン泊に出かけたいぞ

晴れろー

 

次はどの山にしましょうかね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です