久住を歩く

 

2017.2.19(sun)

 

〜 大分県 久住連山を歩く 〜

 

 

ドライブとお散歩を兼ね

久住へ向かう

あわよくば、

夕陽も眺めて帰りたい

今日の夕陽はきっと綺麗なはずだ

暗いうちに出発

朝倉市を通りすがりながらの移動

巨大なおにぎりを食べながら

進む

 

久住はなぜか数ヶ月ぶり

天気と

休みと

予定が噛み合なかった結果だろう

 

 

8:30

牧ノ戸峠駐車場に到着

駐車場の気温1℃

 

身支度を整え歩き出す

雪がもう残っていないからか

風はあるが

さして寒くもない

雲一つない

 

 

 

 

残る雪は木陰や谷間だけ

朝でまだ固い地面も

午後にはいつもの田植え状態だろう

久しぶりなのだから

お気楽で楽しいコースで。

まずは星生山

標高 1762m

 

 

 

 

三俣山・平治岳・北大船山・大船山

奥には由布岳という大御所の皆様

手前は硫黄山

「みんな、おはよう!」

星生崎をゆく

 

 

 

下りきる前に

避難小屋をのぞく

 

 

 

 

久住分かれから御池へ向かう

少ーし雪が残っているけれど

シャーベットだったり

バーンだったり

 

 

 

池の氷は溶けたようだ

そりゃ標識も項垂れるわ

でも

レトロな磨りガラスみたい

 

 

池で遊べないなら

天狗へ直行だ

天狗ヶ城

標高 1780m

 

 

 

 

奥は星生山

天狗から御池を覗き込む

持参した自撮り棒で練習に励むも

上達せず

 

 

中岳

標高 1791m

九州本土最高峰

 

 

 

さぁ、稲星センパイにも

会いに行きましょかね

 

 

 

稲星山コチラでーす

 

 

 

なんだか

一番ドーンと構えてる気がする

ザラザラな斜面を登りましょう

 

稲星山

標高 1774m

奥には久住山

 

 

 

 

さて、お腹が減ったね

白口岳まで行ってからにするか

今日はここまでにするか…

・・・・・・

お腹が減ったのでここまでに決定

時間もちょうど12時過ぎたとこだ

稲星山は貸し切り状態

 

結構風があるので

麺がすぐに冷めそうだ

 

少し下ったとこで

坊ガツルや白口、

中岳の人達でも眺めなら食べよう

と、いうことで「五木うどん」に

ワカメと生卵を投入

月見ワカメうどんを製造

完食

久住にきたらいつものことだが

昼寝タイム…

なのに、

稲星へ向かうハイカーが増えてきた…

 

 

はい、移動開始!

池の小屋に到着

ん?

看板が新しくなっている

そう言えば、

御池の看板もこんなだったような…

おNEWなのね

 

 

 

 

慰霊碑側を通り

御池を見ながら下って行く

 

 

 

 

なんでか通る人は少なめだが、

ワタシはお気に入りだ

 

 

帰りは案の定

田植え状態

分かってて来てるから良いが

ゲイターを車内に忘れるという悲劇…

ま…ゲイター汚さずに済んだ♪

と、思うことにしよう

そして

帰りに脳内を支配するのは

もちろんソフトクリーム

毎回、

扇が鼻との分岐を過ぎる辺りから

ソフトクリームのことしか考えられなくなる

さ、急ぐわよっ!!

 

 

14:55

下山完了

冬でも食べたくなる不思議

いただきまーす

 

 

 

 

そして、お風呂

今日は瀬の本側へ帰路をとるので

黒川温泉に寄り道

と言っても、

温泉街の中は人が多くて苦手なので

温泉街の手前にある

“いつもの”のひとつ

「耕きちの湯」さんで立寄り湯

お風呂代 500円

 

 

ここは

法華院温泉山荘のお風呂同様

湯の花がスゴーい

石鹸とドライヤーはあるけれど

シャンプー類はないので

洗髪したい方は持参されたし

ワタシがお風呂から出る際、

どなたも入っていなかったので

撮っちゃった

 

 

 

 

お風呂に入ったら後は帰るだけ

夕陽に間に合うかしら?

と思っていたら間に合った

朝倉あたりで観れたらなーと思っていたが

原鶴での鑑賞だ

川岸の隙間に車を寄せる

 

 

 

 

ちょっとおセンチな気分になる

沈んでいっちゃうな〜

もう少し観ていたかったな〜

お家に帰りましょう

薄い水色の青空の下を歩けてよかった

最高の散歩日和

綺麗な夕陽も観れてよかった

最高のおセンチ日和

 

 

次はどの山にしましょうかね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です