御所ヶ岳・馬ヶ岳を歩く



2019.04.07(sun)
福岡県行橋市・みやこ町


里の春である
毒虫に好かれるタチのワタシ
里山を快適に歩くのならこの時期くらいまで
リミットが近づいているのだ

ということで、行ってみよー!



御所ヶ岳の遺跡の中を歩きつつ
馬ヶ岳へ縦走しまっしょい

まずは住吉神社を目指し
駐車場に車を置かせていただく
お手洗いがあるので身支度整えしましょー


8:05

スタート!

御所ヶ岳住吉池公園横を回りながら"中門"を目指す

中門・西門・東門とそれぞれあるが
中門の先に"御所ヶ谷神籠石"がある
よって中門からお邪魔します!






8:16
"御所ヶ谷神籠石"

1300年前、
大陸からの侵攻に備えて築かれたものだ
周囲約3キロに渡っているそうだ

付近の発掘調査をしていないので
この下に他に何が埋まっているのか
解明されていない

気になるよねー!





"御所ヶ谷神籠石"の横を進むと
すぐに分岐

御所ヶ岳は「ホトギ山」とも呼ばれている

まっすぐ登って行く事も出来るが
尾根歩きを楽しみたいので
奥の院方面へ右にルートをとる




8:28
景行神社

こじんまりとした神社で扁額も見当たらない

しかし

扁額がついていそうな位置に
菊の紋が彫り込まれている

何の神様か存じませぬが
今回も怪我せず歩けるよう参拝


行きましょー




神社の裏には石の祠と礎石
もっと違った神社だったのかもな〜




ザラザラの斜度のある道を登って行く
分岐には看板が設置されているので
迷うことはないと思われる



8:37
"奥の院"

中に何かありそうか近づいてみるが
荒れており見当たらないので
通り過ぎてみる




奥の院を出て
更に斜面を進むと2・3分ほどで尾根に出る

ココからは多少のアップダウンはあるものの
道なりにトコトコ進んでゆける





フンフンフフ〜ン
と看板通りに進んで行く


8:57
御所ヶ岳(ホトギ山) 山頂
標高 246.9m

大展望とはいかないが
青空の中の景色は清々しい




山頂の奥にベンチがあるのだが
その右手に"小径"感満載のシダ植物の道がある

馬ヶ岳へ向かうため
シダの道へ




日中の気温が高くなってきた為か
早くも里山ならでは、
蜘蛛の巣トラップが展開され始めている


となると、
「マジカルぷいぷい棒」出動!
今シーズンの初陣である
(「マジカルぷいぷい棒」とは
蜘蛛の巣巻き取り式人力棒のことである)


いざゆかん!!




馬ヶ岳への鞍部まで下るのだが
ロープが設置されている・・・


・・・・・・・


ん?


・・・・・・・


ホースだねぇ

伸びるねぇ

斬新である


途中からトラロープに切り替わったが
まさかのホース


しかも比較的幼木と言えそうな
若い木に巻き付けてあるので
可哀想だし
普通に自力で下った

頑張れ!若人!





鞍部にやって来た

下った分
登る




山頂が見えてきた!


山頂直下には"八畳岩"と呼ばれる
展望岩があるようだが
なんとなくスルーしてみた




9:37
馬ヶ岳 山頂
標高 216m


本丸跡でもある馬ヶ岳
誰の城かというと・・・
豊臣秀吉の九州攻めの頃までは辿れており
大友氏や毛利氏の城をめぐり争っていたのだが。

最終的には中津城に引っ越すまで
黒田官兵衛の居城だった

山頂の祠は・・・
中津城方面を見ているようにも思える

お城跡に桜
何となく切なくなるな〜




春、梅や桜の時期に山を歩いていると
思い出すのだ
菅原道真公ゆかりのあの句を。


「東風吹かば 匂ひをこせよ 梅の花
主なしとて 春を忘るな」


ちょっとジーンとくる
不思議だねぇ




はい!
おセンチ終了!

朝ご飯の続きを食べましょう




桜の下でスープをモグモグ
チョコバーをモグモグ
干し梅もモグモグ


食べたら二の丸に行きますよー

登山道の脇にはリンドウ




二の丸方面へ尾根を少しだけ。




10:13
"二の丸"


こちらにも桜
ハラハラ散って美しい





考えてみれば
ワタシにとって今年初のお花見である
完全貸し切り状態でお花見


オツである




展望台にも寄ってみる




展望台には
太閤岩、官兵衛岩、又兵衛岩
と3つの看板


奥には歩いてきた
二の丸と本丸(馬ヶ岳)が鎮座




展望台から下はきっちり整備された
歩き易いルートだ

左手に杉
右手に竹林
などという風景も見ることが出来る




快適に下り
大谷登山口に下山

簡易トイレが2つ設置されている
車も2台程なら停められそうだ




大谷登山口を振り返る




さー

住吉神社まで地上を歩いて戻りましょ




道端にシャカの花や小花達

可愛らしいね〜

メルヘンだね〜




そして
道の真ん中にカメちゃん


ため池が多いからだと思うが
道の真ん中はあんまりだ


どっちに行くつもりだったのか
声をかけてみたけれど
首や手足を縮こめるだけなので
一番近い池の側の脇に移動させた

もし
反対側に行きたかったのなら
それは・・・ゴメンね






地元の公園を通りすがる
ワオーンからの桜

綺麗だ〜




地元の大島神社を通りすがる
狛犬さんの女子の方!
2頭の子を連れたママさんである!

子連れママさんは
以前に飯盛山を歩いて以来、見ていない

やはり珍しいのだろうか・・・





田畑には一面にレンゲ


和むわ〜
レンゲ、好きだ〜




11:22
下山・歩行完了!

住吉神社の駐車場まで戻ってきた




今回は春を感じる
のどかで穏やかで目に優しい山行だった

毒虫に好かれ易いワタシにとって
里山を歩くのに神経を使う時期に入る
今回のような平和な里山歩きがあと何回できるだろう?


次はどの山にしましょうかね



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です