剣山-三嶺を縦走する-上- 2019.05



2019.05.03(fri)〜05.05(sun)
徳島県三好市

〜剣山ー三嶺を縦走する(上)〜




ワタシの連休は少し遅めにやって来た


いくつか山域の候補はあったが
ずっと歩きたいと思っていた縦走路がメインだ

恐ろしくステキな縦走路、
「剣山〜三嶺(みうね・さんれい)」間。

1週間程前からお天気をチェック

うん。

良さそうだ!



剣山、一ノ森、次郎笈、三嶺
それぞれ単品で歩いたことはあったけれど
縦走路は初めて。

5/2の終業後、身支度を整えて出発

移動はマイカー
夜通し車を走らせ
5/3の早朝に見ノ越無料駐車場に到着。

どうしても、
道と駐車場が空いている間に到着しておきたかった




DAY1(5/3)


早朝に到着してからそのまま車中で仮眠

起きたら・・・

行きますよーーーー!




見ノ越無料駐車場を出発
もちろんリフトは使わず神社から歩き始める


行程としては・・・

DAY1 西島駅直下のテン場でテント泊

DAY2 西島駅ー剣山ー次郎笈ー丸石ー高ノ瀬
   ー平和丸ー白髪避難小屋ーカヤハゲ(東熊山)
   ー三嶺(山頂直下 三嶺ヒュッテ泊)

DAY3 三嶺ー名頃駐車場ーバスで見ノ越駐車場


DAY2については白髪避難小屋に到着後
セルフチェックし
小屋付近でテント泊か三嶺行きかを決める所存


見ノ越から名頃までの距離は
ざっくり21kmとちょっと。
一番長い行程としてDAY2に18km弱程

2泊もする必要性はないのだけど、
連休なので贅沢に
2泊盛り込んだ!


ともかく。

初日は西島駅止まりなので
ユルっと参りましょー





30分〜40分程でテン場に到着

「いや〜 楽させてもらっちゃって〜
すみませんねぇ〜」
な心境

すでに3張のテント

そして・・・
曇ってきた・・・

遠出すると大体初日はこうなる

ま、いいんだ。





テン場でさっそく小さな別荘を設営


今回、おニューな別荘を持参した
アライ "トレックライズ0"

男性だと狭いのかもしれないが
ザックも何もかも入れて
更に横に物が置ける状態だったので
ワタシには問題の無い広さ

中肉小背でよかったわ


ちょっと横になるつもりが
いつもの如く
ついつい寝てしまい・・・

起きたら昼を過ぎていた!





ちょっと身体を動かしに
山頂へお散歩しましょ

"刀掛けの松"のルートを行けば
40分もかからず山頂に到着する




ヒュッテを通り過ぎ
まず山頂へ




剣山 山頂
標高 1955m



リフトがあるので観光で来られた方も多く
賑わっている
生憎の曇り空だけども
皆さん散策を楽しんでいる





「皆さーん!
明日はよろしくお願いしますねー!」

と、歩く予定の山々にご挨拶




山頂からヒュッテ側を望む


よくよく考えると
本当に広い山頂広場だな〜




立派なトイレもできちゃって〜
協力金箱が設置されているので
とりあえず100円入れて利用させていただく


山にトイレがあるのがどれだけありがたいことか。
助かりますぅ




ヒュッテに戻ってきた
何か食べようかな〜




おでんにしよー!

いただきます!

手作りこんにゃくと玉子
からしみそは好きなだけ。
美味しかった〜





神社にお参り

「怪我なく歩けますように」


お参りをしたらテン場に戻る




お参りしたばかりだが・・・

あれは・・・

ガス・・・

ですねぇ


早めに夕飯を作って食べた方がよさそうだ





夕飯はアラビアータ

マッシュルームとササミのパウチを投入
パスタはゆで時間1分のサラスパを使用

ごちそうさまでした!

ふぅ。
あとは寝るだけだな。
支度だけしておこう

と、着替え終えたところで・・・



雨が降り出した





さすが山

ピンポイントで降っている

雷も鳴っている

雨だけでなく霰も降っている





2時間ほど経った19時前


やっと雨が止んだ



西島駅のお手洗いを借りる
(トイレットペーパーはない)


ぼんやりとした夕焼けを眺める





少し身体冷えてきたので
スープを飲んで寝るとします!

おやすみなさい!!






DAY2(5/4)



4:00 起床
朝ご飯は五木うどんの"うどん"
とろろ昆布を投入してみた


食べたら濡れたテントを振るって
水滴を落とす
撤収したら参りますよ





5:40 
西島駅 出発

すっかりいいお天気




昨日とは打って変わった青空

新しいトイレ前で
もう一度きちんと身支度をする
ヒュッテまで登りだったので半袖になっていたが
山頂広場までくると朝の風が冷たい
シェルを出して着ましょう


それにしても。
ニヤケちゃうね〜





6:41
剣山 山頂
標高 1955m


途中モタモタし通過が遅くなった

ま、いっか!




改めて。

三嶺へ、いざ!
(三嶺は下画像の右端のひょっこり山)





次郎笈の山肌

美しい




所々にショウジョウバカマ
可愛らしい!




日陰には
昨日降った霰が丸のまま固まっている




次郎笈の山頂手前から剣山(太郎笈)を振り返る




山頂までの途中
丸石や水場へのトラバースとの分岐をスルー
山頂すぐ手前の丸石への分岐にザックをデポ



7:32
次郎笈 山頂
標高 1930m


次郎さん、お久しぶりー!

再開もそこそこに丸石へ向かう





ザックを背負って丸石へ向かいます!




そう、そう!

これ、これ!




たーのしーっい!




大好きな笹ウェイ




丸石の手前600m
三嶺まで13.6km地点




8:39
丸石
標高 1683.8m





高ノ瀬までは日当りのよい樹林帯をゆく




9:07
丸石避難小屋を通過




お宅拝見!




ピンク!!




10:08
高ノ瀬
標高 1741m





振り返ると左奥に太郎さんと次郎さん!
出発地点が徐々に遠くなってきた


そして
高ノ瀬への斜面取り付き左手に
水場まで200mの案内があった

この縦走路にある水場は行ってみないと
水が出ているか分からない不安要素がある

水が出ている時と出ていない時があるのは
以前に聞いていたので
水場はないものとして
日頃の水分摂取量を考え、2泊分の水を持参した


この縦走路は剣山から三嶺までの間で
「必ず水がある」
というわけではない

確実なのは
西島駅のトイレの手洗い場とテン場の水場と
剣山頂ヒュッテ売店、
山頂トイレの手洗い場、
三嶺登山口の一つである
名頃駐車場トイレの手洗い場の5ヶ所

トイレとテン場の水場に関しては
北アの新穂高バス停にあるトイレのように
「この水は飲めます」とは書いていないので
胃腸の強度に自信のない方は
煮沸した方がいいと思われる
自身に必要な水を持参することをお勧めする





高ノ瀬を過ぎたら
小さなピーク"平和丸"を目指す


その途中
斜面を歩いていると
オオヤマレンゲの群生地が出現

花が咲くのは6月下旬以降
きっと青空に映えて綺麗だろう





剣山から8kmやってきた

三嶺への中間地点と言ったところか
暑くなってきたな




右端に三嶺が見えている

少しずつ近づいているのが分かる


ザックリ言うと
剣山からは馬蹄型に三嶺まで縦走路で繋がっており
(多少のジグザグはある)
鞍部でなければ三嶺も剣山も見える




来てよかった




11:39
平和丸
標高 1700.9m

看板がステキ




12:03
白髪避難小屋


さて。

この避難小屋をチェックポイントにしていたので
自分の身体に訊いてみる



「えー、ワタシですが、どうですかー?」

『コチラワタシデス ダイジョブデスヨー』

「そうですか、ぢゃ休憩したら行きますよ?」

『ハイ、リョーカイデス ドウゾー』




と、言う訳でココでテン泊も捨てがたいけれど
三嶺へ向かう





お天気に恵まれた三嶺への道のりは

あと5kmになった



ー 下につづく ー



剣山-三嶺を縦走する-上- 2019.05” に対して1件のコメントがあります。

  1. ほなみん より:

    ハチさん、こんにちは!
    テン泊、縦走楽しそうですね!
    ボクは日帰りの連続で犬が岳、求菩提山の周回と雲仙周回をやってきました。
    日帰りだと味わえないものがテン泊だとありますね!
    続きを楽しみにしています!
    ハチさんの軌跡のおかげで今後の計画を練るのが楽しみになりますので、色々見させていただきますね!
    がんばって!!

    1. hachi より:

      ほなみんさん、こんばんは^^
      テン泊縦走は楽しいですよ〜。
      「何が?」と訊かれるとチビッコみたいな回答しか出てきませんけど(笑)

      犬ヶ岳、雲仙の周回、そちらも楽しそうですね!
      雲仙は上の方に行くと登山道がホカホカしているので
      ちょっと足元気になるんですよね(笑)

      軌跡と呼べるような記事でもないですが、
      ボチボチUPしていきますね〜!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です