下泉水山・上泉水山・黒岩山を歩く



2019.03.24(sun)
大分県九重町

〜下泉水山・上泉水山・黒岩山を歩く〜




いいお天気になりそうだねー!

のんびり歩けそうな山はないか・・・

っぃよし!

と言う訳で。
久住の反対側に行きましょー


8:30
長者原をスタート!




オーベルジュコスモスさん側に少し歩くと
看板が有るので取り付きましょ




池に架かる橋を渡りまーす




ちょこちょこ標識があるし
ピンクテープもかかっているので
迷わない(と思われる)

防火帯の横をしばらく歩く





防火帯歩きが終わると
木段つきの斜面がスタート




斜面が終わるとアセビのトンネル
雰囲気がよろしい!




下泉水山までやって来た
ここまで来ると視界が開けるまでちょこっと



9:06
下泉水山 山頂 
標高 1,296m




久住の皆さん
おはよーございまーす!




さぁ さぁ
次は上泉水山ですよー




昨夜うっすら雪が降ったようで
登山道は少し白い

ただ
獣臭がしている

猪たちがいるかな〜

糞とか落ちてても雪で見えませんな
踏みますな、こりゃ。




笹の中をゆく




もうすぐ春の緑になりかけが半分
木々に霧氷がついた冬の様子が半分

面白いなー




9:37
上泉水山 山頂
標高 1447m




大崩ノ辻にちょっと寄り道




大崩ノ辻

タヌ吉にお出迎えいただいた

360度見渡せまっす!




笹漕ぎしつつ進んで行く




牧ノ戸・泉水山・黒岩山との分岐

黒岩山へ向かう
山頂まではあっちゅー間だ




10:40
黒岩山 山頂
標高 1502.6m

火山活動で出来た山なので
岩も特有の雰囲気だ




山頂からは涌蓋山や由布岳、
くじゅう連山などなどグルっと見渡せる


青空って
いーなーー




由布岳方面

猫耳がウッスラ見える

マンサクがちょっぴり咲いていて
枝の先っちょが黄色くなっている




マンサク!




いつもの皆さんもズラリ
硫黄山からは控えめなモクモクが。


山頂で青空と山並みを眺め散らかしたら
牧ノ戸に続く広場へ向かう




ちょーっと小腹が減ったねぇ

今回は"かにぱん"を持参
たまに食べたくなるのだな〜


そして、最近のお気に入り、
"チョコ山サク次郎"も食す


温かくて寝そうになる
ほんの一瞬、
得意の地蔵寝(座ったまま寝る)をしてしまった


いかん、いかん。下山もあるよ。




11:25
下山開始




下山の途中、
牧ノ戸峠を見おろす

木々がモコモコしている

さながらブロッコリー




東屋を過ぎ
牧ノ戸登山口のコンクリート道を見やる

いつ見てもエグいわ〜




車道まで出てきたら
長者原まで歩道をゆく

左にサクっと曲がります!




歩道はコンクリートやアスファルト

主に車道に沿って伸びているのだけど
その割には左右の景色も美しい




九重ヒュッテさんや星生ホテルさん付近に来ると
歩道脇のパイプの穴が開いているところから
水が吹き出している


水・・・


というか温泉がシミシミしている
触るとあったかい!

よく考えるとスゴいことだ

歩道の横のシミシミが温泉





温かくなってきたから
アセビの花も鈴なりでござんす

可愛らしいねー!




13:01
長者原に戻ってきた
下山完了!




あー

お腹減った


でも。

とり天の気分でもだご汁の気分でもないな〜


うむ。


卵かけご飯セットにしよう!
卵は烏骨鶏の卵だぞっ!!


いっただきまーす





ごちそうさまでしたっ

青空に恵まれた1日だった
本当にちょっとずつ温かくなっている
池の小屋のいつものトコで
朝寝が出来る季節がすぐそこだ

もう少し
もう少し


次はどの山にしましょうかね



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です